【参加者募集】11/18 慶大シンポ「だれもが使えるAIツールの教育への活用を目指して」

慶大理工学部「第1回 クラスルームAIシンポジウム」

だれもが使えるAIツールの教育への活用を目指して ~教室での先駆的授業を紹介

未来を支える教育は、人工知能(AI)をどのように活かせばいいのでしょうか。だれもが使えるAIツール「PRINTEPS(プリンテプス)」の研究開発を進める慶応大学理工学部は、教室でPRINTEPSを使った先駆的な試みを紹介する「第1回 クラスルームAIシンポジウム」を開催します。開発責任者の山口高平教授は小学校のプログラミング教育への活用も視野に入れており、プログラミング教育の普及支援活動を展開する利根川悠太氏とともに、AI時代の教育について考えていきます。

 

チラシ
チラシ(PDF)のダウンロードは画像をクリック

<日時>

11月18日(土)13:00~18:00

 

<場所>

慶応大学日吉キャンパス 来往舎シンポジウムスペース

(横浜市港北区⽇吉4-1-1/日吉駅徒歩1分)

 

<定員>

参加無料、先着100人

 

<プログラム>

■あいさつ 13:00

 山口高平・慶応大学理工学部教授

■招待講演 13:15

 ・「公立小学校でのプログラミング必修化の狙いと実践の方向性」

  利根川裕太氏(一般社団法人みんなのコード)

 ・「ロボット授業の先駆的試み」(仮題)

  山下芳一氏(京都府精華町立東光小学校前校長)

■事例紹介「慶応義塾幼稚舎理科教室でのロボット授業」 15:00

 ・教育現場から見たAIロボット授業の課題と将来の見通し ~ロボット連携授業の実践を通して~

  柊原礼士(慶応義塾幼稚舎)

 ・AR(拡張現実)技術による体験学習の試みと可能性

  小篠裕子(慶応大学理工学部)

■ワークショップ 15:40

 ・みんなのAIツール「PRINTEPS」体験ワークショップ

  森⽥武史(慶応⼤学理⼯学部)

■展示 17:00

 ・PRINTEPSによるAIロボットプログラミング展示(来往舎イベントテラス)

 

<申し込み>

>>慶大理工学部ウェブサイトよりお申込みください。

 

<問い合わせ>

お問い合わせ、詳細はチラシをご覧ください。

(2017年10月10日 11:22)
TOP