旭化成「命を守るために、できること ~心肺蘇生法とAEDについて学ぼう~」

授業実施例

<対象者>

小学生(高学年)、中学生

 

<主な教科>

保健体育、総合

 

<プログラムのテーマ・ねらい>

旭化成グループで、救命救急分野の医療機器を扱う旭化成ゾールメディカル(株)が行う出前授業です。救命救急の意義と心肺蘇生法の流れを理解し、実際にAEDの操作を体験することで、いざというときに役立つ行動のしかたを身につけます。授業全体を通して、「他者の生」を尊ぶ気持を醸成し、命の大切さを学びます。

 

<プログラムの内容>

(1)導入/心停止と、心肺蘇生の大切さについて

(2)突然倒れた人を前にして「できること」について

(3)心肺蘇生の講習と実技(胸骨圧迫)

(4)AEDのしくみと効果についての講習、AED使用の実技

(5)ふりかえり、まとめ

 

<対応可能な時期、回数>

平日昼間の実施を原則とし、要相談。一日につき1回(45分)

 

<対応可能な地域>

首都圏

 

<備考>

※実施会場は体育館や多目的ホールなど、床に座り込める場所が適しています。

※実施希望日の2か月以上前までにお申し込みください。

※対応可能な人数は40人程度です。

(2015年5月13日 10:00)

応募する

※応募するには参加登録・ログインが必要です

TOP