長崎大学 原爆後障害医療研究所「原爆直後の救護活動と調査」




調来助
永井隆
秋月辰一郎

<対象>

小5~高3

 

<主な教科、領域>

社会

 

<授業のねらい>

原爆投下直後の混乱状況下で生き残った医師たちが行った被災者の救護活動および放射線の人への影響調査について紹介します。それにより、原爆直後の医療活動や調査について理解できるようにします。

 

<主な内容>

■45分1コマが基本です。

■クイズを交えながら授業をすすめます。

 原子爆弾の広島と長崎の違いなど

■長崎での救護活動を行った調来助、永井隆、秋月辰一郎を紹介

 自らの怪我や家族の死にもめげず、救護活動を行った姿

 一人で朝から晩まで治療を続けた姿

■最後に原爆アニメーション「アンゼラスの鐘」ダイジェスト版の鑑賞をします。

 

実施は無料です

 

<対応可能な時期>

年に3回程度

 

<対応可能な地域>

長崎県内。県外は要相談

(2015年1月 8日 08:30)

応募する

※応募するには参加登録・ログインが必要です

TOP