長崎大学 原爆後障害医療研究所「原爆医学資料展示室の一般公開」

展示されている原子爆弾救護報告複製

<対象>

小5~高3

 

<主な教科、領域>

社会

 

<授業のねらい>

医学部の前身である長崎医科大学の原爆被害や被爆者の人体影響に関する研究成果を理解する。

 

<主な内容>

■見学所要時間:20分~40分

■希望により「原爆の長崎」(15分)を鑑賞できます。

(原爆直後の記録フィルムと7年後の長崎を比較しているフィルム)。

■希望により原爆アニメ「長崎の鐘」のダイジェスト版(7分)を鑑賞できます。

■主な展示品:被爆時計、病院で被爆した血染めの白衣、原子爆弾救護報告複製、原爆被災復興日誌複製。

 

入館無料(説明希望の場合は事前予約が必要)

 

<対応可能な時期>

休館日:8月13日~8月15日、12月28日~1月4日、開館時間:平日9:00~17:00

 

<対応可能な地域>

長崎大学医学ミュージアムにて実施

(2015年1月 8日 08:30)

応募する

※応募するには参加登録・ログインが必要です

TOP