キユーピー株式会社「マヨネーズ教室」

<対象>

小学生

 

<主な教科、領域>

家庭科、理科

 

<プログラムのねらい>

食の楽しさと大切さを伝えることを目的に2002年より実施。最初にマヨネーズについての話をし、次に子どもたちがグループに分かれてマヨネーズを作ります。けっして混ざることのない酢と植物油が、卵黄を加えることで乳化して混ざり合い、マヨネーズになっていく様子を体験したあと、工場で作られたマヨネーズと食べ比べをします。身近な食品がどのようにして作られているか、加えて野菜摂取の重要性も学べるようにしています。

 

<プログラムの内容>

■約90分(45分×2)が基本です。小学校の授業2時限分で実施します。
前半にマヨネーズや野菜についての講義、後半にマヨネーズ作りの実習といった流れで実施します。

 

■2つの基本プログラムから成ります。

(1)講義、DVD視聴

 ・野菜の話、マヨネーズの秘密7つをお話しします。
 ・野菜には旬があること、栄養素について、マヨネーズは混ざらないはずの酢と油が卵の力で乳化し、混ざり合っていることなどをお話します。
 ・子ども用に製作しているDVD(約15分)を視聴します。

(2)マヨネーズ作り

 ・講師によるデモンストレーション、子どもたちの実習、試食、質疑応答
 ・試食は自分たちが作ったマヨネーズと工場製のもの、友達の作ったものを比較して行います。
 ・日頃は食べられない野菜が自分で作ったマヨネーズをつけると食べられる子どもがいます。
 ・同じ材料で作ったはずのほかのグループのマヨネーズとの違いや工場製のものとの違いを 体感し、理由を考えます。

(3)あとかたづけ(タイムスケジュールにより割愛することもあります)

 ・時間の都合で、かたづけを実際に行わなくても、衛生管理のお話はします。
 (家庭で作ったマヨネーズは当日中に喫食すること、乳化した食品の洗い方など)

■実施は無料です。

■講師はキユーピー株式会社で社内認定制度「マヨスター」に認定された社員ほかマヨスター候補生など2名以上で実施します。教室の開催数、クラスの人数により派遣する講師の数を決めます。

 

<対応可能な時期、回数>

ご要望にあわせます

 

<対応可能な地域>

全国

(2015年1月 8日 08:30)

応募する

※応募するには参加登録・ログインが必要です

TOP