日本生命「将来について考えよう」

全体講義の様子

<対象>

中学生、高校生

 

<主な教科、領域>

総合的な学習の時間(キャリア教育)・道徳・社会

 

<プログラムのねらい>

 日本生命では、子どもたちが自分自身の将来について考え、きり拓いていくことを応援したいとの想いから、社会貢献活動の一環として、中学生・高校生向け出前授業に取り組んでいます。

 生徒の皆さんが今後迎える様々なライフイベントを、社会環境の変化や必要資金と併せて理解し、将来設計や万一の備えの重要性を学んでいただける内容となっています。

 

<プログラムの内容>

■基本プログラム(50~100分)※全体講義/スライド使用

 ○ライフイベントと環境変化

  将来設計の重要性について、社会環境の変化を交えて解説する

  ・就業...雇用形態による収入の違い

  ・結婚...晩婚化・未婚化

  ・出産...育児と仕事の両立・少子化

  ・老後...長寿化・高齢社会問題 等

 ○必要資金

  人生の大きな支出例を紹介し、資金計画の考え方について解説する

  ・必要資金...生活費・教育費・住宅費 等

 ○リスクへの備え

  人生のリスクを紹介し、万一の備えについて解説する

  ・万一の備え...保険と預貯金の仕組み・違い

 ○終わりに

  日本生命職員からのメッセージ

  ・なぜこの仕事に就いたか、仕事のやりがい 等

 

<対応可能な時期、回数>

年間通じて対応可能(土、日、祝日を除く)

 

<対応可能な地域>

都市部を中心に、全国で応相談

※プロジェクター、スクリーン(必要に応じてマイク)の準備をお願いします。また、交通費含め、費用は全て無料となります。

グループワークの様子


これまでの授業

■2018年1月30日/江戸川区立清新第一中(東京)2年生約180人

 >>日本生命保険「お金と仕事について考える」(会報38号)

■2015年5月8日/山口中央高(山口)2年生198人

 >>「将来の生活設計学ぶ」(会報5号)

■2015年3月10日/三鷹市立第4中(東京)3年生約120人

 >>「わたしの未来設計図」(会報3号)

(2017年5月 7日 13:00)

応募する

※応募するには参加登録・ログインが必要です

TOP