5企業が出前授業 ×東大阪市立柏田中

生涯設計の大切さを話した第一生命の田中謙二さん

 企業と学校の交流を図る「読売教育ネットワーク」の出前授業が4月20日、大阪府東大阪市の市立柏田(かした)中学校で行われた。5企業の講師が、それぞれの仕事の内容や社会との関わりを紹介した。

 

 2年生約80人が五つのグループに分かれて受講。第一生命の講師は、就職してからの人生を疑似体験するすごろくを通し、どのくらいの出費が必要かを説明した。「住宅購入」「子供が海外留学」などのマスに止まるたび、生徒から「お金がなくなった」などと声が上がり、谷永稀(とわき)さんは「教育にお金がかかるのが分かった。親の苦労が少し理解できました」と話していた。

 

 このほか、積水ハウスの講師は、建材によって住宅の保温効果がどう変わるかを解説。野村ホールディングス、日本取引所グループの講師は株式会社などの仕組み、三菱重工業の講師は宇宙開発の意義についてわかりやすく語った。

 

<企業・大学が行った授業について詳しくはこちら>

■第一生命保険「ライフサイクルゲームⅡ~生涯設計のススメ

■積水ハウス「地球温暖化と暮らし キャプテンアースの『いえコロジー』

■野村ホールディングス「体験型出張授業≪投資って何?≫

■日本取引所グループ「シェア先生の経済教室 ロールプレイ授業『株式会社のしくみと証券市場』

■三菱重工業「国際宇宙ステーションの話

(2015年5月 8日 14:15)
TOP