6/23~8/25「中島敦『山月記』とその時代」日本近代文学館(東京・目黒)

日本近代文学館 夏季企画展

教科書のなかの文学/教室のそとの文学Ⅱ──中島敦「山月記」とその時代

チラシ
チラシ(PDF)のダウンロードは画像をクリック

 本企画は高校の教科書の「名作」に焦点を当て、国語教科書と日本近代文学館との橋渡しをすることを目ざすものです。今回は二回目として「山月記」を取りあげます。

 

展示内容

■第1部 「山月記」の世界

教科書の中の「山月記」/「山月記」創作の秘密を探る/「山月記」をどう読むか/中島敦の七不思議/世界に羽ばたく「山月記」

■第2部 中島敦の生きた時代

昭和文学と中島敦/南洋・アジアと中島敦

 

【参加者募集】教員向けセミナー 「教室」と「文学」をつなぐ

7/14(土)、8/11(土・祝) >>詳しくはこちら

 

<会場>

日本近代文学館(京王井の頭線駒場東大前駅 西口徒歩7分)

 

<期間>

6月23日(土)~8月25日(土) 9:30~16:30(入館は16:00まで)

休館日:日、月、第4木曜

 

<観覧料>

観覧料:一般300円(団体20名様以上は一人200円)、中高生100円

 

>>日本近代文学館ウェブサイト

(2018年6月11日 15:58)
TOP