【特別展】「昆虫」 国立科学博物館(東京・上野)~10/8

特別展「昆虫」

昆虫に熱中 美しさに夢中 ホウセキゾウムシ 魅惑の輝き

 

 国立科学博物館(東京・上野)でこの夏、昆虫をテーマとする大規模な特別展が初めて開かれます。地球上の生物種の半数以上を占めるとされ、太古の時代から厳しい環境を生き抜いてきた昆虫たちの魅力を余すところなく伝える展覧会です。

 展示の中心は、日本や世界各地で採集された数々の標本たち。昆虫は、世界で確認されただけでも約100万種あり、実際はその何倍もの数が暮らしているとされています。

 展覧会では数万点を紹介し、日本最大の甲虫であるヤンバルテナガコガネの新種の基準となった貴重な標本も披露。ホウセキゾウムシのように豊かな色と輝きを持つ昆虫や、琥珀(こはく)の中に閉じ込められた太古の昆虫などにも出会えます。

 映像などの展示も楽しみ。特殊技術で昆虫を撮影・3D化した映像では、さまざまな角度から観察ができる。全長2メートルの模型で身体の仕組みや機能に迫るコーナーのほか、採集の仕方や標本の作り方、同博物館における昆虫研究の最新情報を紹介するスペースも設けています。

>>公式サイト

 

<会期>

7月13日(金)~10月8日(月・祝)(7月17日、9月3、10、18、25日は休館)

 

<会場>

国立科学博物館(東京・上野公園)

 

<観覧料>

前売り一般・大学生1400円(当日1600円)、同小・中・高生500円(当日600円)

※前売り券発売中!

ハローダイヤル:03・5777・8600

 

(2018年7月 2日 11:57)
TOP