「大学の実力」とは

大学は大きく変わっています。親御さんや進路指導の先生がご存知の大学ではありません。最も大きく変わったのは、教育です。
2人に1人が進学する時代ですから、学ぶ意欲のない人も珍しくありません。そういう学生をぴかぴかに磨き上げ、社会に送り出すため、大学が教育の見直しに取り組み、情報公開を進めています。
そんな時代だからこそ、偏差値や知名度より教育の中身で! 2008年から始まった読売新聞の「大学の実力」調査が、あなたの選択をサポートします。
大学の今を伝える「大学の実力」記事のページはこちらhttp://kyoiku.yomiuri.co.jp/torikumi/jitsuryoku/)。今を語り、未来を考える「異見交論」、現場の息吹を伝える「大学を歩く」、Q&Aでデータを解説する「大学の実力を読み解く」など、読みごたえたっぷりです。
TOP