すかいらーく 新入社員研修に新聞活用

 外食大手すかいらーくは、今年度の新入社員研修で、新聞を読んで意見や感想を話し合うプログラムを設けた。情報収集力や世の中への関心を高めてもらうのが狙いだ。

 

 研修は4月1日から7日間、千葉県内の旅館で合宿形式で行われ、男女78人が参加した。毎朝1時間、読売新聞の朝刊に目を通し、6人の班ごとに気になった記事を切り抜いて、模造紙にコメントを書き添えて貼り出した。

 3日の朝刊切り抜きで多かったのは、牛丼大手3社の並盛り価格が300円台に戻るという経済面の記事。これに対するコメントは、「原材料の高騰と人件費の増加による商品価格の変動は当社にも起こりうる問題」、「すかいらーくも牛肉を多く使うので、他人事ではない」といった意見がある一方、「ファミレス業界と値段が近づき、競争を図れる」と前向きにとらえる見方もあった。

 

 新社会人は「新聞は情報が整理され、わかりやすく読みやすい」(梶原大地さん)、「毎日続けて読んで、社会の流れに遅れを取らないようにしたい」(寺嶋雄一さん)などと話していた。

 彼らは研修後、「ガスト」や「バーミヤン」など首都圏の各ファミリーレストランに配属され、接客や調理などに励んでいる。

 

 研修を企画した人財本部ラーニング&ディベロップメントグループの樋口治茂ディレクターは、「世の中の動きが我々のビジネスにどう影響するかなど、視野を広げていくために継続的な新聞購読は効果的。今後も新聞を使った新入社員教育を続けたい」と話している。

(2015年4月17日 09:30)
TOP