三田国際学園高校が三菱東京UFJ訪問

お辞儀の練習をする三田国際学園高校の生徒

 三田国際学園高校(東京都世田谷区用賀)の1、2年生の女子生徒7人が8月3日、キャリア教育の一環として三菱UFJフィナンシャル・グループ(東京都千代田区丸の内)を訪問し、銀行の仕組みや行員の接客マナーなどを学んだ。

 

 講師を務めたのは、同社コーポレート・コミュニケーション部企画グループの中野芙蓉さん、阪井忍さん、乙村慶さんの3人。

 

 高校生は銀行業務についてレクチャーを受けたほか、講師の指導で名刺交換や正しいお辞儀の仕方といった、同社の新入社員たちが学ぶ実践的な指導も受けた。講師から「身だしなみやあいさつ、礼儀は、お客さんに銀行への安心感、信頼感を持ってもらうために必要ですよ」と教えられ、真剣な表情で取り組んだ。

 

 質疑応答では、講師の入社のきっかけ、動機などについても話が及び、それぞれが大学時代の就職活動などを振り返って紹介した。

 


<三菱東京UFJ銀行の職場体験学習について詳しくはこちら>

三菱東京UFJ銀行「銀行での職場体験学習」>>

(2015年8月21日 14:50)
TOP