ぬまっち先生コラム80 号泣リレー(4)

思わぬ結果に子どもたちはショック。「まだ終わってない!」と気合を入れる(5月27日、世田谷小で)

沼田 晶弘


<<第79回 号泣リレー(3)


 

■追い詰められた3組


 第1レースは、まさかの1位―6位。4年3組のポイントは7点。トップのクラスは2位―3位でポイント5点。優勝候補だったはずの彼らは、いきなり窮地に追い込まれました。

 以前説明したとおり、リレーの成績は第1と第2レースの総合点で決まります。4年3組が自力で単独優勝するためには、第2レースでCDチームが1位―2位を獲るしかなくなってしまったのです。

 状況を理解している子どもたちは真っ青。半分パニックになっています。第2レースで走る子たちが「どうする、どうする?」と、すがるような目をボクに向けてきます。

 「まだ終わってない!」とボクは言いました。

 子どもたちの不安もわかります。Dチームは安定した強さを持っていますが、Cチームの最高成績は今のところ3位だからです。しかし、ボクまで弱気になるわけにはいかないのです。

 「どうするも何も、走るのはキミたちだろ!」

 

■敗北の味を知る


 第2レースの結果はDチーム1位、Cチーム5位。Cチームは健闘してくれたとボクは思います。この結果、4年3組の総合ポイントは13点になりました。そして、第1レースでポイント5点だったクラスは2位―4位で11点。

 負けた......。

 子どもたちは号泣しています。ボクはその姿を朝礼台の横で見ていました。まだ順位は発表されていません。これから審判係の先生たちによる、ルール違反の確認があるからです。ボクはリレー担当なので、取りまとめと発表役になります。

 「第1レースの白組(3組)のアンカー、相手のヒジが入って転んだようですが、どうしますか?」と、ボクは聞かれました。ボクは目の前で見ていたわけではないので、黙っていました。

 「そうですね、見てました」と、別の先生。「明らかにヒジが入っていたので、転倒させたほうは失格ですね」

 失格したチームは6位降着というのがルールです。その結果、Aチームの着順が繰り上がり、合計ポイント数の順位が入れ替わってしまいました。3組の逆転優勝です。

 

■優勝しても悔し涙


 ボクはレース結果を発表するために朝礼台に上がりました。目の前には4年生全員が整列していますが、白いハチマキの3組の子どもたちはまだ泣きじゃくっています。ボクはこみ上げてくるものを必死に抑えて、結果を読み上げました。

 「......したがって、総合順位は、1位、白」

 意外な結果だったはずですが、子どもたちはまったく喜びません。それどころか、退場の合図があっても立ちすくんだままです。ボクは朝礼台から飛び降りて、「さあ、帰ろう!」と声をかけねばなりませんでした。

 優勝したら、保護者たちの観客席に向かってウィニングランをする予定でしたが、子どもたちにはまったくその気がありません。みんなうなだれて、泣きながら、とぼとぼとクラス席に戻っていきます。それを迎える保護者たちも、やはり大泣きしています。

 そんな子どもたちの後ろ姿を見ながら、ボクの目からも、ツーッと涙がこぼれていました。

発売中!

『「変」なクラスが世界を変える! ぬまっち先生と6年1組の挑戦』

(中央公論新社、本体1400円)

 夢の豪華遠足を実現した2015年度の6年1組のエピソードを中心に、この連載コラムを大幅に加筆修正。沼田先生のユニークな授業法や教育論をたっぷり詰め込んだ、読み応えある1冊になっています!


>>第81回 号泣リレー(5)

★沼田先生への質問を募集しています

学校のこと、教育のこと、親子のこと、友だちのこと、将来のこと。ぬまっち先生にいろんな疑問や悩みをぶつけてみませんか? 子どもでも大人でも大歓迎です。質問への答えは連載コラムの中で随時掲載していきます。

質問は>>こちらのフォーム からお送りください

■はがき、FAXでも受け付けます

(1)質問したいこと(1枚につき1つまで) (2)郵便番号・住所 (3)名前(ふりがな) (4)年齢 (5)職業 (6)電話番号 を書いて係までお送りください。

【はがき】 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1

【FAX】 03-3217-1968〈番号間違いに気をつけてください!〉

読売新聞東京本社 教育ネットワーク事務局 ぬまっち先生係

 

(2017年8月21日 10:00)
TOP