ぬまっち先生コラム81 号泣リレー(5)

がっくりうなだれたアンカー選手にねぎらいの声をかける(5月27日、世田谷小で)

沼田 晶弘


<<第80回 号泣リレー(4)


 

■「悔しさ」という成長


 他の学年は、不思議でしょうがなかったでしょう。「あのクラス、優勝したのに何であんなに泣いてんだろう?」

 子どもたちは、クラス席に戻ってもずっと嗚咽しています。第1レースで転倒したアンカーの男の子は、顔を伏せて椅子にうずくまったまま動きません。クラスメートたちが、やはり泣きながらその子の背中をさすっていました。

 運動会はまだ始まったばかりでしたが、結局その日一日、子どもたちもボクも、リレーのショックから立ち直れないまま、閉会式まで過ごしました。

 運動会の後、ボクと子どもたちは校庭から教室に戻りました。まだしおれている子どもたちに向かって、ボクは言いました。

 「――おめでとう」

 子どもたちはきょとんとしています。

 「悔しいよな。その悔しさを感じられるところまで、みんなは来たんだねってことだよ」

 本当に努力して頑張った者にしか、本当の悔し涙は流せない。彼らが3年生の時から、ボクがずっと言ってきたことです。

 きょう、子どもたちが流した悔し涙は紛れもなく本物でした。彼らは、他チームの失格で転がり込んだ勝利なんて、ちっともうれしくなかった。圧倒的に、自分たちの力で勝ちたかった。「自分がもっと練習していれば」「速く走れていれば」と、誰もが自分を責めています。誰も人のせいにしない。

 みんな、成長したんだなあ......と、しみじみ思いました。

 

■保護者に頭を下げたボク


 ボクは知っています。第1レースの結果でかなりパニクったけれど、第2レースでは懸命に立て直して、みんな最善を尽くしたことを。両方ともアンカーを走ったエースの男の子は、第2レースでは事故のないよう、先頭でバトンを受け取ると、細心の注意を払って走っていました。みんな、やるべき仕事をきっちりこなした。その上で"負けた"のは、カントクであるボクの責任です。

 だから、リレーが終わった後、ボクは保護者たちにむかって「すみませんでした!」と頭を下げたのです。母親の一人はこう言ってくれました。

 「子どもたち、一番いい経験をしたと思う。運動会のリレーでコレだけ真剣になって、コレだけ泣けるなんて、うらやましい」

 転倒したアンカーの男の子に、ボクはこう言いました。

 「ようこそ、アンカーの世界へ」

 みんなが必死につないできたバトンを、最後に託されるのはアンカー。抜かれたらもう後はない。誰もリカバリーしてくれない。その重い責任を背負って、アンカーは走らなければならないのです。彼は、その栄光ある入口に立ったのでした。

 彼はその後、「来年はもっと速くなる!」と言って、練習を再開したそうです。

 

ゼッケン回収では、保護者のみなさんも手伝ってくれました

 

■神様が許してくれるなら


 あれから約2か月がたちますが、あんなにつらく、苦しい思いをしたリレーは、ボクにとっても11年間で初めての経験でした。

 ボクはまだ時々考えることがあります。

 ――あの時のボクの選択は、正しかったのだろうか。

 レース直前、子どもたちがガチガチになっていると知った時、ボクは彼らの緊張を解くことができたかもしれない。でも、あえてそうしなかった。その方が、教育的にも、子どもたちのためになると考えたからです。

 しかし、あのレース展開は予想外だったし、その後の彼らの泣きっぷりにも胸が痛みました。プレッシャーを解いてあげて、優勝して、子どもたちと一緒に喜んだほうがよかったのだろうか......。

 もし神様が許してくれるなら、もう一度レースをやらせてあげたいくらいです。でも、その時に、ボクがどちらの道を選ぶかというと......。

 やっぱり、同じ道を選んで、同じことを言うんだろうなぁ。プレッシャーを取っても勝てるかどうかはわからないし、あの子たちなら、プレッシャーの中でも、次は勝つかもしれないと思うからです。

 

3SWプロジェクト達成! しかし三つ目の星の縁取りは......

■勝つよりも価値あること


 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。まさにこの言葉を地で行く経験を、あの子たちは運動会で味わったことになります。しかも両方一度に!

 「3SW」プロジェクトは、運動会リレーでの優勝により達成となりました。子どもたちは、プロジェクトシートに三つ目の星を描き入れましたが、他の二つと違って、黄色の星に、金の縁取りをつけませんでした。そのことに、彼らの思いが表れています。

 でも、ボクにはその星がいっそう輝いて見えるのです。勝ち負けの先にあるものを見て、子どもたちはただ勝つよりも大きく成長した。その証しだと思うからです。

発売中!

『「変」なクラスが世界を変える! ぬまっち先生と6年1組の挑戦』

(中央公論新社、本体1400円)

 夢の豪華遠足を実現した2015年度の6年1組のエピソードを中心に、この連載コラムを大幅に加筆修正。沼田先生のユニークな授業法や教育論をたっぷり詰め込んだ、読み応えある1冊になっています!


>>第82回 中学生がやってきた(1)

★沼田先生への質問を募集しています

学校のこと、教育のこと、親子のこと、友だちのこと、将来のこと。ぬまっち先生にいろんな疑問や悩みをぶつけてみませんか? 子どもでも大人でも大歓迎です。質問への答えは連載コラムの中で随時掲載していきます。

質問は>>こちらのフォーム からお送りください

■はがき、FAXでも受け付けます

(1)質問したいこと(1枚につき1つまで) (2)郵便番号・住所 (3)名前(ふりがな) (4)年齢 (5)職業 (6)電話番号 を書いて係までお送りください。

【はがき】 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1

【FAX】 03-3217-1968〈番号間違いに気をつけてください!〉

読売新聞東京本社 教育ネットワーク事務局 ぬまっち先生係

 

(2017年8月28日 10:00)
TOP