ぬまっち先生コラム89 セルフラーニング(4)

コピーライターの阿部広太郎さんと『「変」なクラスが世界を変える!』について対談。阿部さん(右)とは以前「企画でメシを食っていく」という講座でもご一緒しました(8月14日、下北沢・本屋B&Bで)

沼田 晶弘


<<第88回 セルフラーニング(3)


 

■万能ノートゆえの悩み


 こうして、4年3組の子どもたちのMDノートには、面白い調べものや意見がたくさん現れてきたのですが、ちょっとしたジレンマも生じてきました。

 ボクがコレすごい、面白いと思っても、それをクラス全体で共有するのが難しいのです。ワードバンクでやっている「ルパンタイム」が、MDノートではできない。なぜなら、日記帳も兼ねたノートなので、一部分だけを友だちに読ませることが難しいからです。同じページにプライベートなことが書いてあったりするし。

 その代わりとしてボクが導入したのが、前回説明したSLA=セルフラーニングアドバイザー制度なのです。

 

■SLAライセンス制度スタート


 つまり、友だちから「何かSLのネタない?」って相談されたら、「こういう風にやったらいいんじゃないの?」ってアドバイスできるライセンスです。

 その資格を得る条件は、日々のMDノートでボクを感心させること。1回くらいではダメで、何度も感心させてくれなくては、ライセンスは交付できないよと言っています。

 ライセンスを得た子は前にも説明した通り、SLAカードをもらって机に貼り出すことができます。制度がスタートしたのは6月中旬でしたが、その月は8人がライセンス保持者となりました。

 ボクは、「ルパンタイム」をイメージしてこのシステムを作ったので、SLネタに困っている子の救済策のつもりでした。しかし、フタを開けてみると、あんまりSLAに相談にやってくる子がいない。その代わり、机のカードが子どもたちのステータスとなって、何も貼れない子が悔しがるようになりました。ボクの思惑とちょっと違う方向にハネてしまったようです。

 

■漢字テストライセンスも作る


 さらに、子どもたちの希望で、KTKという資格カードも作ることになりました。「漢字テスト強化」です。ボクのクラスでは伝統的に、漢字テストの丸つけを子どもたちが行い、それをプロジェクト化しています。もちろん、その教育的な意義は保護者会で説明し、ご理解をいただいています。

 今の4年3組では、そのプロジェクト人気が加熱していました。なぜかというと、KTKプロジェクトをやっている子は、漢字テストの成績が良くなるからです。採点係をしていると、他の子の間違いやすいところが自然とわかる。これもまた一種のセルフラーニングなんです。

 だから、KTKに入りたい子が多くなりすぎて、選抜試験まで行うはめになりました。そのKTKもライセンスカードにして、机に貼り出せるようにした。そうなると、SLAもKTKももらえない子は、何となくカッコがつかない。「何でも自分で資格書いて貼っていいよ」と白いライセンスカードを配ったのですが、誰も使おうとしません。やっぱり子どもには子どものプライドがあるんですね。

 ただし、ライセンスは毎月オールリセットです。出すときは随時ですが、月末にすべて失効します。運転免許証みたいにパンチ穴を開けて、カードはただの記念品となります。

 10月からは新たに、「新聞オピニオンマスター(仮称)」という新ライセンスを作ろうかと考えています。SLAのライセンサーは、たくさん調べるのはいいんですが、新聞オピニオンをあまりやらないので(笑)。また、例の計トレ(計算トレーニング)で「U-1(Under 1minute)」という新資格を作る予定です。1分以内にクリアした者だけが許される、計トレ史上、最高の称号になります!

 

対談終了後、阿部さんと。阿部さんはあの「いつやるか?今でしょ!」のCMを生み出した人です

発売中!

『「変」なクラスが世界を変える! ぬまっち先生と6年1組の挑戦』

(中央公論新社、本体1400円)

 夢の豪華遠足を実現した2015年度の6年1組のエピソードを中心に、この連載コラムを大幅に加筆修正。沼田先生のユニークな授業法や教育論をたっぷり詰め込んだ、読み応えある1冊になっています!


>>第90回 セルフラーニング(5)

 

(2017年10月23日 10:00)
TOP