読売教育ネットワークニュース

読売教育ネットワークからのお知らせや、教育に関連するイベント募集など、さまざまな情報をお伝えします。
新聞を情報源に 東経大生が活用法学ぶ(2019年5月21日)

 東京経済大学(東京都国分寺市)の新入生たちが、読売新聞を教材にして、新聞を情報収集に活用する方法を学んだ。

 

 受講したのは、コミュニケーション学部で田村和人教授が教える必修科目「フレッシャーズ・セミナー」を履修する13人。4~7月の間、週1回の授業で、大学生活の送り方やレポートの書き方、発表の仕方などを学んでいる。

 

 講師を務めたのは、読売新聞東京本社の秋山純子・教育ネットワーク事務局アドバイザー。5月13日の授業で、学生たちは小グループに分かれて、「サニブラウン9秒99」「民間ロケット飛躍」など、当日の朝刊から関心を引いた記事を2点ずつスクラップ。自分が興味を持った理由などを発表し合った。

 

 「平野スケボー初V」と「『喫煙者は不採用』増」の記事を選んだ佐藤達樹さん(18)は「読んでみたら、思った以上に文章が簡単で分かりやすかった。新聞に興味がわいた」と話した。

 

 続く20日の授業では、グループごとに持ち寄った様々な記事の中から、特に伝えたいニュースを絞り込んだ。選んだ3点の記事を模造紙に貼り、オリジナルの「新聞」を完成させて発表した。また、学生たちは授業と並行して約2週間、朝刊の購読を続けた。

 

 テレビ局出身の田村教授は「テレビニュースと比較しても、新聞の取材対象は圧倒的に広い。新聞に親し み、情報源として生かせるようになってほしい」と話している。

 

 6月には、「フレッシャーズ・セミナー」を履修する別クラスの12人が、同じように約2週間、朝刊を読み、新聞の活用法を実地に学ぶ予定だ。

 

新元号「令和」を報じた4月2日と、授業があった5月13日の各紙朝刊1面の比較もして、ニュースの価値判断や見出しについて考え合った

「企業人と新聞カフェ」参加企業を募集

(2016年12月20日)

和田竜さん出演 西南学院大で「読書教養講座」

(2016年12月 1日)

第13回 海外プロジェクト探検隊

(2016年11月22日)

「2017キャンスコ就活増刊号」を差し上げます

(2016年11月 1日)

ジャパン・ニューズ高校生翻訳コンテスト 結果発表

(2016年9月29日)

【動画】有楽町でビブリオバトル日本一決定戦

(2016年9月15日)

横手の子に「新聞の日」 市内全小中に配布、授業に活用

(2016年5月26日)

「自ら考えてものを創りだすチカラ=日本の未来を創りだすチカラ」

(2016年5月19日)

すかいらーく 読売新聞を使って新入社員研修

(2016年4月25日)

東大生よ 新聞を読もう 入学式

(2016年4月14日)

18歳選挙権 真山仁さんが授業

(2016年3月31日)

高校生の科学研究発表会 専門家が指導

(2016年3月30日)

中学・高校進学相談会に1万人 「よみうりGENKIフェスタ2016」 

(2016年3月22日)

震災被災者を応援 インドネシア劇団が合唱動画送る

(2016年3月11日)

私立中高一貫3校長座談会 ~問題解決能力を養う~

(2016年2月29日)

高校英語スピーチコンテスト(第1部)で岡山のプラダンさん優勝

(2016年2月 1日)

小泉進次郎衆院議員と被災地復興で意見交換

(2015年12月 2日)

神田外語大学 小冊子「ASEANの熱い風」発行

(2015年11月10日)

読売新聞 大学生マーケティングコンペ 結果発表

(2015年11月 2日)

会報特別号「記者と学ぶ」PDF版ができました

(2015年10月14日)

TOP