選挙の仕組みやルール 記者が解説します(中高生向け)

Q.選挙権の年齢が18歳以上に引き下げられたのは、どうしてでしょうか?

 

A.海外では約9割の国や地域で、日本の衆院にあたる下院の選挙権を16~18歳以上にしています。こうした"世界水準"に日本も合わせようというのが大きな理由です。若者たちに早くから政治への関心を持ってもらうという狙いもあります。

 

 公職選挙法改正が成立し、20歳以上だった選挙権の年齢が18歳以上に引き下げられました。2016年夏の参院選から18歳以上の国民が投票できることになる見通しです。早ければ高校3年生で投票を経験することになります。でも、選挙には疑問やわからないことがたくさんありませんか?

 

 選挙の基本ルール、選挙権の大切さ、選挙のしくみや具体的な投票のしかたなどについて学んでいただくため、読売新聞社ではベテラン記者による出前授業を行います。お申し込みはこちら>>

 お問い合わせは、読売教育ネットワーク事務局まで。

(2015年8月 3日 15:45)
TOP