ミスマッチ防ぐ再確認を~11月13日就活ON!

イラスト・藍原真由


 就職活動をしている大学生向けの紙面「就活ON!」は、教育部が取材し、毎週火曜日の読売新聞朝刊に掲載しています。

 今回のコラムは上田晶美さんの「ミスマッチ防ぐ再確認を」です。


 「楽しく接客ができると思って入った会社なのに、工場に回されてしまいました。仕事がきついので、辞めようと思います」

 今年4月に就職したM子さんが相談に来ました。入社してまだ半年ですが、立ちっぱなしの作業で、へとへとだと言います。会社の上司に相談するよう助言しましたが、上司からは「年内の配置換えは難しい」と言われたそうです。全国的に知名度のある会社なので、M子さんは昨年、内定を得たときは、とても喜んでいました。それだけに、入ってみたら想像していた仕事と違っていた「ミスマッチ」になってしまったのは残念です。

 今は、学生優位の「売り手市場」なので、...続きは紙面で

 

■11月13日付 INDEX

【TOPIC】「通年採用」に関心強まる

 大学生の就職活動で、企業が時期を問わずに採用する「通年採用」への関心が高まっている。就活日程は今の2年生以降、経団連に代わり政府主体で企業に順守を求めるが、 形骸化は避けられず、将来は通年採用を導入する企業が増えるとみられるためだ。

【コラム】上田晶美の新女子ナビ ~ミスマッチ防ぐ再確認を

【イベント】マスコミ向けセミナー12月1日に  申し込み専用サイトはこちら

【VOICE】Plan・Do・See(プラン・ドゥー・シー)

 

「就活ON!SPECIAL」の学生限定プレゼントは>>こちらのページ から


毎月第1火曜日は3ページの「就活ON!SPECIAL」を掲載。大学のキャリアセンターなどで配布もしています。ツイッターフェイスブックでは紙面をもっと面白く読むことができる情報を発信。ご意見、ご感想は、教育部・就活取材班まで。

(2018年11月10日 18:45)
TOP