仕事選び 親ではなく自分で~12月11日就活ON!

イラスト・藍原真由


 就職活動をしている大学生向けの紙面「就活ON!」は、教育部が取材し、毎週火曜日の読売新聞朝刊に掲載しています。

 今回のコラムは上田晶美さんの「仕事選び 親ではなく自分で」です。


 「親のすすめで、学生時代に医療事務の民間資格を取得し、病院に就職しましたが、自分には向いておらず、辞めました」

 前回の本欄で、女子の就職活動の失敗例を紹介しました。今回はその第2弾です。相談を寄せたS子さんは医療事務の仕事に全く興味はなく、「資格があれば長く働ける」という親の言葉に従っただけだそうです。「何のために資格取得の勉強をしたのか」と悔しがっていました。

 前回も触れましたが、自分の適性や、その職場で働くことへの現実感を確認しないで就職先を決めても、その会社や仕事に合わない「ミスマッチ」が生じます。それに加え、今回は「親のすすめ」というのがやっかいです。

 親御さんは、...続きは紙面で

 

■12月11日付 INDEX

【PEOPLE】最高の笑顔 この場所で ~ユー・エス・ジェイ 植木浩一さん

【コラム】上田晶美の新女子ナビ ~仕事選び 親ではなく自分で

【NEWS】地方企業 厳しい採用環境

【VOICE】東北学院大

【隣の就活さん】模擬面接で「ロボットみたい」。マニュアル本やめた ~上智大4年男子

 

「就活ON!SPECIAL」の学生限定プレゼントは>>こちらのページ から


毎月第1火曜日は3ページの「就活ON!SPECIAL」を掲載。大学のキャリアセンターなどで配布もしています。ツイッターフェイスブックでは紙面をもっと面白く読むことができる情報を発信。ご意見、ご感想は、教育部・就活取材班まで。

(2018年12月 8日 15:33)
TOP