「何か違う」なら理由探る~4月17日就活ON!

イラスト・武居智子


 就職活動をしている大学生向けの紙面「就活ON!」は、教育部が取材し、毎週火曜日の読売新聞朝刊に掲載しています。


 今週の常見陽平さんのコラムは「『何か違う』なら理由探る」=イラスト=です。

 大学の教え子から、「いま受けている会社は何か違う」と相談を受けました。「この会社でやりたいことがある」と志望したはずだったのに、途中から「何をやるかよりも、挑戦でき、成長できる組織で働きたい」と思うようになったというのです。

 こうした「違和感」を持ったまま、就職活動を進めてしまう学生が少なくありません。企業側から「当社を志望していた学生が突然、内定を辞退した」という話をよく聞きますが、学生の違和感が原因だった可能性もあります。.........続きは紙面で

 

■4月17日付 INDEX

【TOPIC】フィンテック支える新卒を採用

 情報技術(IT)を活用した新たな金融サービス「フィンテック」に既存の金融機関も参入し、フィンテック専門の職種で新卒採用を行う動きが出ている。ITに関心があれば理系、文系を問わず採用するとして、学生へのPR活動に力を入れる企業もある。

【コラム】常見陽平の内定ロード ~「何か違う」なら理由探る

「キャンスコ」メンバー募集

【VOICE】関西外語大

【隣のシューカツさん】志望度高くなくても落ちるとショック ~明治大4年女子

 

「就活ON!SPECIAL」の学生限定プレゼントは>>こちらのページ から


毎月第1火曜日は3ページの「就活ON!SPECIAL」を掲載。大学のキャリアセンターなどで配布もしています。ツイッターフェイスブックでは紙面をもっと面白く読むことができる情報を発信。ご意見、ご感想は、教育部・就活取材班まで。

(2018年4月16日 18:45)
TOP