就職先 優先順位つけ選択~6月12日就活ON!

イラスト・武居智子


 就職活動をしている大学生向けの紙面「就活ON!」は、教育部が取材し、毎週火曜日の読売新聞朝刊に掲載しています。


 今週の常見陽平さんのコラムは「就職先 優先順位つけて選択」=イラスト=です。

 来春卒業予定の大学生の就職活動は山場を迎え、学生から内定の報告が相次いでいます。

 複数の会社に内定した学生も多数いますが、どの会社を選べばいいか、悩む声も聞かれます。内定を得た会社がすべてにおいて優れ、求める条件をすべて備えているとは限りません。自分なりの優先順位をつけましょう。

 私はまず、「組織風土」が自分に合っているかに注目すべきだと考えます。事業内容がどうであれ、組織風土が合う会社は居心地が良いからです。会社の歴史、武勇伝、社員と会った印象などをもとに考えましょう。

 それでも迷う学生には、.........続きは紙面で

 

■6月12日付 INDEX

【TOPIC】都会の学生 地方に呼び込むく

 地元の就職希望者が減少傾向の地方自治体などが、夏休みに都市部の大学生を地元のインターンシップ(就業体験)に招く取り組みが増えている。交通費や宿泊費を一部負担 し、観光要素を加えたり、帰省に合わせて企業訪問ツアーを行ったりと工夫が凝らされている。

【コラム】常見陽平の内定ロード ~就職先 優先順位つけ選択

【NEWS】大学生らの「就活川柳」発表

【VOICE】女子栄養大

【隣のシューカツさん】いい会社なんだろうと思った時 ~早稲田大4年女子

 

「就活ON!SPECIAL」の学生限定プレゼントは>>こちらのページ から


毎月第1火曜日は3ページの「就活ON!SPECIAL」を掲載。大学のキャリアセンターなどで配布もしています。ツイッターフェイスブックでは紙面をもっと面白く読むことができる情報を発信。ご意見、ご感想は、教育部・就活取材班まで。

(2018年6月 8日 19:14)
TOP