インターンシップの選び方~7月10日就活ON!

イラスト・武居智子


 就職活動をしている大学生向けの紙面「就活ON!」は、教育部が取材し、毎週火曜日の読売新聞朝刊に掲載しています。


 今週の常見陽平さんのコラムは「インターンシップの選び方」=イラスト=です。

 夏休みに企業が行うインターンシップ(就業体験)。すでに参加の申し込みをした学生も多いでしょう。まだ検討中で「どんなプログラムに参加すべきか」と悩む学生もいるでしょう。

 インターンシップは、「実施日数」、「参加人数を絞る選考があるかどうか」、「その会社に就職したいかどうか」の3つの視点で選んでほしいです。最近のインターンは、半日~1日のワンデータイプが主流です。会社説明会のようなインターンも散見されますが、短期間でも仕事体験ができ、組織風土なども伝わるタイプも多く登場しており、学生にとっては気軽に参加でき、夏休みの予定とも両立しやすいでしょう。

 これに対し、長期間のインターンは、.........続きは紙面で

 

■7月10日付 INDEX

【PEOPLE】テンプル大学ジャパンキャンパス3年 植村桃子さん ~ポーランドとの橋渡しを

【コラム】常見陽平の内定ロード ~インターンシップの見つけ方

【NEWS】来春卒業予定の大学生 「内定辞退あり」増え51%

【VOICE】一橋大

【隣のシューカツさん】同じように就活していたら... ~明治大4年男子

 

「就活ON!SPECIAL」の学生限定プレゼントは>>こちらのページ から


毎月第1火曜日は3ページの「就活ON!SPECIAL」を掲載。大学のキャリアセンターなどで配布もしています。ツイッターフェイスブックでは紙面をもっと面白く読むことができる情報を発信。ご意見、ご感想は、教育部・就活取材班まで。

(2018年7月 9日 17:00)
TOP