「ジョハリの窓」でギャップに気づこう~就活ON!SPECIAL12月号

飴細工職人の手塚新理さん


 毎週火曜日の読売新聞朝刊に掲載している「就活ON!」。毎月第1火曜日は3ページの拡大版「就活ON!SPECIAL」でお届けしています。配布用に刷り直した就活ON!SPECIALは、大学のキャリアセンターや生協など400か所以上で配っています。手に取ってご覧下さい。


■12月4日付【SPECIAL】 INDEX

 

【特大インタビュー】甘くないけど楽しい 飴細工職人・手塚新理さん

 熱した飴を握りばさみで整え、金魚やカエルなどの作品を仕上げる飴細工職人。東京スカイツリーに隣接する商業施設「東京ソラマチ」に出店している手塚さんは、エンジニアなどを目指す人が多い高等専門学校(高専)の卒業生です。そこから、どうして飴細工職人を目指すことになったのでしょうか。弟子を抱える職人であると同時に、店を運営する経営者でもある手塚さんの姿に迫ります。サイド記事は、ものづくり産業の人手不足について解説します。

 

【見開き特集】「ジョハリの窓」でギャップに気づこう

 エントリーシート(応募書類)や面接では、自分の強みをアピールしなければなりません。ただし、本人が自分の長所だと思う点を、周囲は違うと考えることがあります。親しい仲間と「ジョハリの窓」と呼ばれる自己分析に取り組めば、知られざる自分が見つかるかもしれません。自己PRに役立てて下さい。

 

【社会人のマナー】お酌 ラベルを上に

 年末は、忘年会など酒席に出る機会が多くなります。幹事を任された時に慌てないよう、お酒の注ぎ方や、幹事としての振る舞い方の基本ルールを知っておきましょう。マナーコンサルタントの西出ひろ子さんが解説します。

 

【業界の常識】画面割れ 原因わかる ~AGC

【DATA】「定年まで働きたい」44%

【ソレアル?】履歴書の顔写真 修正どこまでOK?

【学生限定プレゼント】図書カード(2000円分)を5人にプレゼント

 

プレゼントの受け付け開始は12月4日午前4時から。>>こちらのページ から


(2018年12月 3日 16:30)
TOP