就活ON!Vol.13〈記者コラム〉思い出はプライスレス?

夕刊掲載「辛酸なめこのじわじわ時事ワード」

vol.13 〈記者コラム〉


思い出はプライスレス?


題材記事:5月10日夕刊 辛酸なめこのじわじわ時事ワード「メルカリの闇」


<<vol.12

 

 ゴールデンウィークに実家のある大阪に帰った。両親が来月、マンションに引っ越すため、家を売るという。大学入学前まで過ごした家へのお別れだった。荷物の整理で、押し入れの奥にしまっていた思い出の品々が出てきた。小中高校のアルバムや卒業文集、直径8㎝のシングルCD、深夜ラジオをとりためたカセットテープなどなど。

 

 目がくぎ付けになったのは、小学生の時に書いたA4判の自作新聞だ。トップニュースは「妹の貯金額が判明!」。セカンドニュースは「姉、寝相悪すぎる」。4コマ漫画のタイトルは「恒(つね)ちゃんマン」。マントとベルトを身につけたヒーローだ。子どもなのでTシャツに短パン姿。靴下まで履いている。通りすがりの家から「助けて~」と聞こえ、壁をぶち破って助けに行くと、悲鳴はテレビから流れるドラマのセリフだったというオチ。恥ずかしさに身もだえしながら読んだ。

 

 証拠隠滅のため、片っ端からゴミ袋に捨てていたのだが、アニメ主題歌のCDなどは保存状態が良かった。何だか捨てるのがもったいない。やったことはないが、ネットオークションだと売れるかも知れないと思った。

 

 5月10日、読売新聞夕刊のコラム「辛酸なめ子のじわじわ時事ワード」を読んだ。フリマ(フリーマーケット)アプリ「メルカリ」では、「元彼」「現金」「離婚届」など、変わった出品が話題という。現金などはマネーロンダリングにつながるとされていた。役所でタダでもらえる離婚届に300円を払う人もいるという。

 

 世の中、何が商売になるかわからない。ひょっとして、CDだけでなく、自作の新聞も出品したら、面白がって落札する人がいるかも知れない。ひょっとして、ひょっとして「恒ちゃんマン」が話題になるかも知れない。出品してすごい値段がついたらどうしよう! 家でお酒を飲みつつ興奮気味に妻に語ったら、「飲み過ぎ」とたしなめられた。確かに酔っていた。あやうく自分の羞恥心まで300円で売ってしまうところだった。フリマアプリのご利用は慎重に。

(就活ON!担当 恒川良輔)


>>vol.14

 毎週火曜日の読売新聞朝刊に掲載している「就活ON!」。2月7日から毎月第1火曜日は、3ページの拡大判「就活ON!SPECIAL」に大幅刷新しました。各大学や就活イベントでも無料配布。ツイッターフェイスブックでは紙面をもっと面白く読むことができる情報を発信します。ご意見、ご感想は、教育部・就活取材班まで。

(2017年5月19日 12:10)
TOP