70年近い歴史 高円宮杯を支え ──日本学生協会基金

 高円宮杯全日本中学校英語弁論大会出場経験者など東京および東京近郊の大学生約60人によって構成されている任意団体。英語弁論大会をはじめとする諸行事の企画・運営を主な活動としており、本部と事務局は読売新聞東京本社内にある。


 基金の前身の日本学生協会は終戦直後の1946年に設立され、70年近い歴史を誇る。現在は「21世紀の日本を担う国際性豊かな青少年を育てるために、国際語である英語を全国の学生、生徒に熟達させる事業を行うとともに、広くその普及を図り、日本文化の発展ならびに国際親善に寄与すること」(JNSA基金定款第3条より)を理念としている。


 基金の出身者に、天野之弥(あまの・ゆきや)国際原子力機関(IAEA)事務局長のほか、有村治子女性活躍相、服部幸應(ゆきお)服部学園理事長ら。
 

(2015年9月17日 09:10)
TOP