ビブリオバトル

ビブリオバトルとは「本」を意味するラテン語由来の「ビブリオ」と、「闘い」を意味する「バトル」を組み合わせた造語。参加者がお気に入りの本を持ち寄り、順番に5分間で、その本の魅力などを紹介する書評ゲームです。全員が発表し終えたら、「どの本が読みたくなったか」を基準に全員で投票を行い、最も票を集めた本を「チャンプ本」とします。若者の読書推進イベントとして注目を集めています。
東海大会は、東海高2年の青木さんが優勝(2017年10月12日)

 「全国高校ビブリオバトル2017」東海大会が10月9日、名古屋市千種区の椙山女学園大学で開かれ、「哲学的な何か、あと科学とか」(飲茶、二見書房)を紹介した東海高校2年(愛知)、青木勝之さん(16)が優勝した。青木さんは、来年1月28日に早稲田大学(東京都)で開かれる決勝大会に出場する。


 青木さんは、「この本は『ぶっちゃけ』『だって』とか、の言葉が使われていて、むずかしい用語は出てこない。皆さんも哲学的思考の面白さを味わってみませんか」と訴えた。「昨年は予選で敗退したので、大好きな本で優勝できてうれしい」と喜びをかみしめた。


 また、皇学館高2年(三重)の松田ひな子さんは2年連続で準優勝。松田さんは「コーヒーが冷めないうちに」(川口俊和、サンマーク出版)を紹介した。過去に戻ることのできる喫茶店を舞台に四つの物語で構成された小説で、そのうちの「夫婦」についてふれ、「最後は号泣してしまった。誰もが過去へ思いを抱いたことがあるはずなので共感できる」と語りかけた。

 大会には、愛知、三重、静岡の3県17校の代表が出場した。

山梨県は駿台甲府高2年の渡辺さん、中学は同中2年の米山さん

(2017年10月11日)

北陸大会は富山県立高岡工芸高3年 若林さんが制す

(2017年10月 4日)

静岡県大会は浜松市立高2年の藤井さんが優勝

(2017年10月 2日)

北海道大会は旭川実業3年田端さんが制す

(2017年9月19日)

関東甲信越大会 松山女子の橋本さん、佐野日大の丸岡さんが優勝

(2017年9月12日)

滋賀県大会は県立膳所高校1年の勝又さんが優勝

(2017年8月31日)

東北大会は県立弘前高校1年岡部さんが優勝

(2017年8月23日)

熊本県大会は県立玉名高1年木村さんが優勝

(2017年8月23日)

鹿児島県大会は県立大島高1年積さんが優勝

(2017年8月22日)

四国大会は高知中央高3年大野さんが優勝

(2017年8月 1日)

中国大会は広島県立尾道北2年の山田モナミさん

(2017年7月24日)

神奈川県大会は県立横須賀大津2年小菅さんが優勝

(2017年7月24日)

【出場者・観戦者募集】本の甲子園 ビブリオバトル 7月開幕!

(2017年5月 2日)

中学選抜ビブリオ 関西創価中の佐久間君が優勝

(2017年3月30日)

ときわ書房・近藤さんに栄冠~第1回書店員ビブリオバトル

(2017年1月30日)

ビブリオ高校生大会決勝 山梨県立北杜高・北原さん優勝

(2017年1月10日)

中学選抜ビブリオバトル東京大会 出場者募集

(2017年1月 6日)

千葉大大学院の窪田さんが制す 〈大学ビブリオ京都決戦〉

(2016年12月19日)

栃木県大会は栃木高・和久井さんが優勝

(2016年12月14日)

TOP