岐阜県大会の覇者は県立岐阜高・広瀬さん

 「全国高校ビブリオバトル2016」の岐阜県大会(岐阜県教育委員会主催、読売新聞社など後援)が11月5日、岐阜市宇佐の県図書館で開かれ、県立岐阜高校2年の広瀬郁実さん(17)が優勝した。2017年1月に東京で開催される全国大会に出場する。
 県大会には11人が参加。3グループに分かれて予選を行い、3人が決勝に進出した。出場者は、推理小説や純文学など発表する本の読みどころを1人5分の持ち時間でアピールし、場内からの質問に答えた。
 広瀬さんは、不老不死を獲得した近未来を舞台に、不老化処置から100年後の死を受け入れる法の導入に翻弄される市民を描いた「百年法」(山田宗樹著)を紹介。「この処置を受けるのか、受けないのか」と生命のあり方を聴衆に問いかけた。優勝の快挙に、「本の中身が受けたと思う。しゃべりたいことが話せてよかった」と話していた。
 準優勝は岐山高校1年の杉山舜さん、3位は聖マリア女学院高校2年の大原未鈴さん。

(2016年11月 7日 16:43)
TOP