福島県大会は県立安達東高・菅野さんが制す

 「全国高校ビブリオバトル2016福島県大会」(福島県教育委員会主催、活字文化推進会議共催、読売新聞社後援)が11月12日、福島市森合の県立図書館で開かれた。
 ビブリオバトルは出場者が5分間の制限時間内で本の魅力を語った後、聴衆が投票して最も読みたくなった本を決める書評合戦。この日は県内の高校生15人が参加し、予選を勝ち抜いた6人が決勝に進んだ。
 県大会では「怪物はささやく」(パトリック・ネス著、あすなろ書房)を紹介した安達東高3年、菅野望さん(17)が優勝した。菅野さんは英語の原作も持参し、「心の内に秘めた闇と向き合う少年の勇気の物語です」と作品を紹介した。
菅野さんは2017年1月8日、よみうり大手町ホール(東京都千代田区)で開かれる決勝大会の出場権を得た。
 菅野さんは「決勝大会でもこの本の素晴らしさを伝えたい」と意気込んだ。

(2016年11月14日 14:10)
TOP