千葉大大学院の窪田さんが制す 〈大学ビブリオ京都決戦〉

トロフィーを受け取る窪田さん(左)

 大学生らがお薦めの本の魅力を紹介し合い、聴衆の多数決で最も読みたくなった本を決める書評合戦「全国大学ビブリオバトル2016京都決戦」(活字文化推進会議主催、ビブリオバトル普及委員会共催、読売新聞社主管)が12月18日、京都市の京都大学で開かれた。

 「冥途(めいど)」(内田百ケン=ひゃっけん=著)を紹介した千葉大大学院1年の窪田真弓さん(23)が優勝し、最高賞の「グランドチャンプ本」を獲得した。準グランドチャンプ本には、奈良大文学部3年田中智浩さん(21)の紹介した「大正時代の身の上相談」(カタログハウス編、筑摩書房)が選ばれた。

 今年で7回目。全国の地区予選に115校から1207人が参加し、代表29人がこの日の決戦に出場した。

(2016年12月19日 16:09)
TOP