滋賀県大会は県立膳所高校1年の勝又さんが優勝

 「全国高校ビブリオバトル2017」滋賀県大会(龍谷大学図書館主催、活字文化推進会議共催、読売新聞社など後援)が8月27日、大津市の龍谷大瀬田キャンパスで開かれた。県立膳所高1年・勝又紗姫さん(15)が優勝し、来年1月に東京で開催される決勝大会への出場権を手にした。
 県大会には6人が参加した。
 勝又さんは、ミステリー短編集「ハッピーエンドにさよならを」(歌野晶午著)を紹介。ホームレスが主人公の「尊厳、死」などの収録作品について、読者の意表をつく展開や、伏線の巧妙な張り方などを挙げ、「どの作品も驚きにあふれ、もう一度読み返したくなる1冊」と力説した。
 読みたい本として支持を集めた勝又さんは「下校時に降りる駅を乗り過ごしてしまったほどの魅力を伝えられて良かった。決勝大会では新しいジャンルの本にも挑戦したい」と話していた。

(2017年8月31日 15:58)
TOP