カメラマン出前授業「見る・撮る・伝える」

 写真部記者が小中学校や特別支援学校に出向き、写真と文章で表現することを学ぶ出前授業「見る・撮る・伝える」を行います。

 授業は全3回。初回は数多くの作品を見て、撮影者がとらえたかったことや撮影方法などを学習します。約1週間かけて自由に写真を撮り、2回目は写真を選んで文章をつけ、3回目で作品を発表します。

 首都圏を中心に年間約20校で実施を予定し、時期・内容は希望に応じます。一眼レフカメラを貸与し、学校側の負担はありません。写真で思いを伝え合う授業です。


 お問い合わせは、電子メールまたはハガキ・ファクスにて読売写真大賞事務局まで。


電子メール: yfriends@yomiuri.com

ハガキのあて先

 〒100-0085 東京都千代田区大手町1-7-1

 読売新聞東京本社 読売写真大賞事務局 写真出前授業係

電 話 : 03-3217-4349

ファクス : 03-5200-1883

(2014年12月26日 21:20)
TOP