よみうり入試必勝講座 with 代々木ゼミナール

「よみうり入試必勝講座with代々木ゼミナール」は、「よみトク小論文講座」と「よみトク英語講座」の2種類あります。小論文講座は毎月1日、英語講座は毎月15日に、それぞれ更新します。大学入試を控えた受験生のみなさん、ぜひご活用ください。
※2016年度の小論文講座と英語講座は、3月31日で削除します。

よみトク小論文講座(毎月1日更新)

※更新日が土曜日曜祝日にあたる場合は、翌日以降更新します。

よみトク小論文講座第12回「障害者の短時間雇用」

(2017年3月 1日)

よみトク小論文講座第11回「介護を巡る事件を減らすための取り組み」

(2017年2月 1日)

よみトク小論文講座第10回「新型出生前検査」

(2017年1月 4日)

よみトク小論文講座第9回「地方活性化」

(2016年12月 1日)

よみトク小論文講座第8回「『サプライズ』し合う若者たち」

(2016年11月 1日)

よみトク小論文講座第7回「コミュニティー賃貸」

(2016年10月 3日)

よみトク小論文講座第6回「技術との向き合い方」

(2016年9月 1日)

よみトク小論文講座第5回「刑罰を科す目的とは」

(2016年8月 1日)

よみトク小論文講座第4回「高額新薬のジレンマ」

(2016年7月 1日)

よみトク小論文講座第3回「18歳選挙権」

(2016年6月 1日)

よみトク小論文講座第2回「医療現場とオノマトペ」

(2016年5月 2日)

よみトク小論文講座第1回「スマホ依存」

(2016年4月 1日)

よみトク英語講座(毎月15日更新)

※更新日が土曜日曜祝日にあたる場合は、翌日以降更新します。

よみトク英語講座 第12回「Medical center to launch drone program in Zambia(医療センター、ザンビアでドローン計画を開始)」

(2017年3月15日)

よみトク英語講座 第11回「Virtual reality lets you tour your new home, travel spots(旅行や新居を仮想体験)」

(2017年2月15日)

よみトク英語講座 第10回「"Old schools find new purpose nationwide"(廃校舎「第2の人生」)」

(2017年1月16日)

よみトク英語講座 第9回「Low body temperatures in children on rise([子ども]平熱35度台 増える「低体温」)」

(2016年12月15日)

よみトク英語講座 第8回「International cooperation needed to prevent spread of marine garbage(海洋ごみ汚染 国際連携で拡散を防止したい)」

(2016年11月15日)

よみトク英語講座 第7回「18-year-olds might become legal adults in 2021 at earliest(18歳成人 21年にも ローン契約 提訴可能に 意見公募開始)」

(2016年10月17日)

よみトク英語講座 第6回「Nation should contribute to world by providing mercury removal technology(水俣病60年 「脱水銀」で世界に貢献したい)」

(2016年9月15日)

よみトク英語講座 第5回「Reform of university entrance exams should improve high school education(大学入試改革 高校教育の質向上を促したい)」

(2016年8月15日)

よみトク英語講座 第4回「Do not let broken-up observation satellite Hitomi become space debris(衛星ひとみ分解 宇宙の藻くずになってしまう)」

(2016年7月15日)

よみトク英語講座 第3回「Businesses aid reconstruction efforts after quakes(震災5年 復興支援 企業も力)」

(2016年6月15日)

よみトク英語講座 第2回「Aspirin to be tested as cancer preventive(アスピリンのがん予防効果,検証始まる)」

(2016年5月16日)

よみトク英語講座 第1回「More women becoming judges, prosectutors(裁判官・検事 女子率アップ)」

(2016年4月15日)

もっと英語の記事が読みたい人はThe Japan Newsへ。

TOP