【2018年度】よみトク小論文講座第12回「外国人の児童生徒への日本語教育」

 2019年4月に出入国管理・難民認定法が改正されます。それによって、外国人労働者の受け入れが拡大されますが、同時に外国人の児童生徒の増加も予想されます。今回は、そうした外国人の子どもたちに対する日本語教育というテーマを通して、これからの学校や地域のあり方について考えていきましょう。また、今年度の最終回ですので、総復習を兼ねつつ、小論文における基本的な発想の仕方について重点的に解説したいと思います。

(代々木ゼミナール国語研究室)

問題はこちら

解答のヒントはこちら

解答例はこちら

戻る

(2019年3月 1日 09:30)
TOP