結果は11月上旬発表! 「インターハイ新聞コンクール」 審査会開催 

 全国高校総体(インターハイ)や予選などで活躍・奮闘した仲間たちを取材した学校新聞を顕彰する「第3回高校新聞部インターハイ新聞コンクール」(主催・読売新聞社、後援・全国高等学校体育連盟、全国高等学校文化連盟)の審査がこのほど、東京・大手町の読売新聞東京本社で行われました。

 今年はエントリーした36校のうち、昨年と同数の33校から応募があり、全国高等学校新聞教育研究会の松井孝二会長、神奈川県立横須賀高校の中根淳一教諭、読売新聞東京本社の中村明・紙面審査委員長、秋山哲也・編集委員の審査員4人が厳正な審査を行いました。

 レベルの高い作品が少なくなく、白熱した議論が展開されましたが、今回は最優秀賞1点、優秀賞5点、奨励賞11点が選ばれました。

 審査結果は、11月上旬に読売新聞紙上及びこのウェブサイトで発表する予定です。

(2016年10月28日 11:47)
TOP