11/10、11 日本語検定 申し込み受付中!

<日本語検定とは>

 日本語を使うすべての人のための検定で、問題は「敬語」「文法」「語彙」「言葉の意味」「表記」「漢字」の6つの領域から出題され、それぞれの知識と運用能力を総合的に測定します。受検者ごとに作成される個人カルテ(成績表)には小問ごとの正誤の他、領域別得点率なども掲載されているので、自分の得意・不得意が一目で分かります。級認定、級準認定された人には、認定書と認定証明書を発行します。

 

■受験や就職活動にも効果

 日本語検定の級認定を入試時の加点や優遇条件に取り入れている大学・短大も、全国で220校に上っています。また、新入社員研修をはじめ、各種研修の一環として、延べ800社以上で日本語検定が実施されており、学習からビジネスの世界まで幅広く活用されています。

 

<平成29年度の検定実施予定日>

第2回(通算第22回)

検定日:一般会場 11月11日(土) 準会場 11月10日(金)、11日(土)

申込期間:8月1日(火)~10月13日(金)

 

<受検料(税込み)>

1級 6000円 社会人上級レベル

2級 5000円 大学卒業レベル~社会人中級レベル

3級 3500円 高校卒業レベル~社会人基礎レベル

4級 2000円 中学校卒業レベル

5級 1500円 小学校卒業レベル

6級 1500円 小学校4年レベル

7級 1400円 小学校2年レベル

 

<読売新聞の専用申し込みフォームから申し込んだ方への特典>

期間中にこちらのページに開設される「読売新聞専用申し込みフォーム」から申し込んだ方には、受検前に過去問題1回分の検定問題と解答・解説冊子を差し上げます。

 

<日本語検定 受検申し込み方法>

※団体受験も可能です。下記専用ダイヤルにお問い合わせ下さい。

■インターネットでの申し込み

 インターネットで申し込む方は、下記の特典付き専用申し込みフォームへお進みください。受検料の支払いは、クレジットカード、ペイジー、またはコンビニ決済です。

 

>>特典付き専用申し込みフォームはこちら

 

■郵送での申し込み

 郵送で申し込む方は、下記専用ダイヤルにお問い合わせください。資料をお送りいたします。資料に同封された願書に必要事項を記入し、受検料の支払いを済ませた上で出願していただく流れとなります。

 

<受検票の受け取り>

 受検日の約1週間前に受検票を送付します。記載内容に誤りがないか、ご確認ください。

※1級、2級、3級を受検される方は受検票に写真を貼付してください。受検日の約1週間前になっても受検票が届かない場合は、必ず事務局(読売専用ダイヤル:03-5390-7498)へお問い合わせください。

 

<合否結果発表>

 検定日から約25日後、「日本語検定」ウェブサイトで、合否速報が閲覧できます。検定日から約30日後には、検定結果の個人カルテ、合格した方には認定証がお手元に届きます。

 

お問い合わせ:読売専用ダイヤル(土日祝日を除く9:30~17:00) 03-5390-7498

 

日本語検定WEBサイト http://www.nihongokentei.jp

※「日本語検定」ウェブサイトから申し込みをすると、読売特典が受けられませんので、ご注意ください。

(2017年8月 2日 11:15)
TOP