新聞を情報源に 東経大生が活用法学ぶ

秋山アドバイザー(右から3人目)の指導で気になる記事を切り抜く学生たち

 東京経済大学(東京都国分寺市)の新入生たちが、読売新聞を教材にして、新聞を情報収集に活用する方法を学んだ。

 

 受講したのは、コミュニケーション学部で田村和人教授が教える必修科目「フレッシャーズ・セミナー」を履修する13人。4~7月の間、週1回の授業で、大学生活の送り方やレポートの書き方、発表の仕方などを学んでいる。

 

 講師を務めたのは、読売新聞東京本社の秋山純子・教育ネットワーク事務局アドバイザー。5月13日の授業で、学生たちは小グループに分かれて、「サニブラウン9秒99」「民間ロケット飛躍」など、当日の朝刊から関心を引いた記事を2点ずつスクラップ。自分が興味を持った理由などを発表し合った。

 

 「平野スケボー初V」と「『喫煙者は不採用』増」の記事を選んだ佐藤達樹さん(18)は「読んでみたら、思った以上に文章が簡単で分かりやすかった。新聞に興味がわいた」と話した。

 

 続く20日の授業では、グループごとに持ち寄った様々な記事の中から、特に伝えたいニュースを絞り込んだ。選んだ3点の記事を模造紙に貼り、オリジナルの「新聞」を完成させて発表した。また、学生たちは授業と並行して約2週間、朝刊の購読を続けた。

 

 テレビ局出身の田村教授は「テレビニュースと比較しても、新聞の取材対象は圧倒的に広い。新聞に親し み、情報源として生かせるようになってほしい」と話している。

 

 6月には、「フレッシャーズ・セミナー」を履修する別クラスの12人が、同じように約2週間、朝刊を読み、新聞の活用法を実地に学ぶ予定だ。

 

新元号「令和」を報じた4月2日と、授業があった5月13日の各紙朝刊1面の比較もして、ニュースの価値判断や見出しについて考え合った
(2019年5月21日 10:10)
TOP