【30人無料ご招待】7/12「ウィーン・モダン」展 特別鑑賞会[6/26締切]

グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》1902年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz

 国立新美術館(東京・六本木)で開催中の展覧会「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」は、ウィーン・ミュージアムが所蔵する名品を中心に約400点を展示。絵画、工芸、建築、デザインなど幅広い分野に光を当て、1900年前後にウィーンで花開いた「世紀末芸術」を紹介しています。

 

 読売新聞教育ネットワークでは個人会員募集開始を記念して、同館学芸員のレクチャーがついた特別鑑賞会を開催。この鑑賞会に教職員ら30人を無料でご招待します。

 

 鑑賞会では作品鑑賞に先立ち、中江花菜・研究補佐員が展覧会の構成や特色、時代背景などを講義します(約30分)。同展に直接携わった学芸員ならではの作品の見方や楽しみ方を学べるチャンスです!

 

<日時>

7月12日(金)17:00~

 

<場所>

国立新美術館(東京・六本木)

 

<対象>

教職員(教育関係者)ら

 

<参加費>

無料

 

<申し込み>

読売新聞教育ネットワーク会員の方は、ページ最下部の「応募する」ボタンからお申し込みください

未登録の方は>>こちらから読売新聞教育ネットワーク会員(登録・会費無料)への登録をした上で、ページ最下部の「応募する」ボタンからお申し込みください。

応募者多数の場合は抽選。当選者にはメールで案内を差し上げます。6月26日(水)締め切り

 

エゴン・シーレ《自画像》1911年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

マクシミリアン・クルツヴァイル《黄色いドレスの女性(画家の妻)》1899年 ウィーン・ミュージアム蔵©Wien Museum / Foto Peter Kainz


応募する

↓ ↓ ↓

こちら

参加登録ログインが必要です

(2019年6月 6日 15:38)
TOP