医療体験プログラム

大学プログラム

【参加高校生募集】オンラインセミナー「未来の医療を創る君へ」

>>チラシのダウンロード(PDF)

 

 コロナ禍の現場で活躍する医師や研究者らが、高校生に現在と未来の医療を伝えるオンラインセミナー「未来の医療を創る君へ」を秋に開催します。

 セミナーは6大学が参加し、原則午後開催で日程は、9月17日(土)東京医科歯科大学、9月25日(日)藤田医科大学、10月2日(日)東京慈恵会医科大学、10月16日(日)東北大学(※午前)、10月23日(日)順天堂大学、10月29日(土)大阪大学です。

 大学ごとに設定したテーマでの講義のほか、研究内容や患者との向き合い方から、高校時代に学ぶべき事まで、生徒からの様々な質問に応えます。

 患者を前に、何を考え、悩み、どのように取り組んでいるのか──、医療現場の生の声をお届けします。

【主催:読売新聞教育ネットワーク事務局】

 

>>参加申し込みフォーム 締め切り:9月4日(日)

※参加申し込みについて

応募多数の場合によっては、参加者を抽選で絞ります。その際、教室から複数生徒が視聴する「学校単位」の申し込みを優先します。

 第1回 東京医科歯科大学

医学と歯学の融合で健康社会に貢献する

■日時  9月17日(土)13:30〜17:00

■講師 関矢一郎 教授(大学院医歯学総合研究科 応用再生医学分野)/岩田隆紀 教授(大学院医歯学総合研究科 歯周病学分野)/沖山奈緒子 教授(大学院医歯学総合研究科 皮膚科学分野)ほか

世界的に評価の高い医学と歯学の臨床・研究レベルを持つ東京医科歯科大学病院は、「頭から足先まで」トータルに全身を診て、患者さんの健康に貢献しています。全身症状の出るアレルギー疾患、糖尿病、最先端治療として注目の再生医療の説明や、先生方の高校時代の勉強法、医・歯学部を目指した理由について話します。

 第2回 藤田医科大学

治療の後まで考える「最適の治療」とは?~救急の立場から、感染症治療の立場から、外科治療の立場から~

■日時  9月25日(日)13:00〜16:30

■講師 岩田充永 教授(救急医学・総合内科学)/土井洋平 教授(微生物学・感染症科)/喜島祐子 教授(乳腺外科学)

藤田医科大学ならではの臨床力と研究力を基本に、患者さんの生命を救うだけなく、治療の先にあるQOL(生活の質)を見すえた医学・医療を、国内最大規模の大学病院で活躍する救急・感染症・外科の専門医が語ります。藤田医科大学の教育・研究・臨床、さらに社会貢献について最新の情報を発信します。

 第3回 東京慈恵会医科大学

その先の医療へ~自らの力で切り拓こう~

■日時 10月2日(日)13:00〜16:30

■講師 小島博己 教授(附属病院 院長)/櫻井結華 准教授(キャリア推進室)/大村和弘 講師(University of North Carolina 留学中)/栗原渉 助教(耳鼻咽喉科学講座/再生医学研究部)ほか

明治25年開設の歴史のある教室で、現在行われている最先端の内視鏡手術のほか、人工聴覚器、再生医療研究など"その先の医療"への挑戦について、エキスパートが語ります。さらに、女性医師キャリア継続のコツ、米国から中継で最近の留学事情について、若手医師による学生生活や研修医生活の実際も紹介します。

 第4回 東北大学

感染症と共生する社会を築く

■日時 10月16日(日)9:00〜12:30

■講師 押谷仁 教授(医学系研究科 微生物学分野)/小坂健 教授(歯学研究科 国際歯科保健学分野)/[司会]石井直人 教授(医学部医学科長/医学系研究科 免疫学分野)

人類は長い歴史の中で感染症と共生してきました。しかし、文明の発展と社会のグローバル化とともに感染症に対する脆弱性が強まり、新型コロナウイルスの出現によって深刻な被害を受けています。感染症と共生できる新たな社会の構築を目指し、学際的な知を結集することの重要性について話します。

 第5回 順天堂大学

医師ってなに?

■日時 10月23日(日) 13:00〜16:30

■講師 天野篤 特任教授(心臓血管外科)/田端実 主任教授(心臓血管外科)/中西啓介 准教授(心臓血管外科)/山本祐華 准教授(産婦人科)

セミナーでは、講師である我々医師がそれぞれの視点から医師の仕事や普段考えている事についてお伝えします。医師という仕事を知ってもらい将来を考えるヒントにしてくれたら嬉しいです。それでは当日楽しみにお待ちしております。

 第6回 大阪大学

移植医療を通じて命を考える(仮)

■日時 10月29日(土)13:30〜17:00

■講師 上野豪久 特任准教授(大学院医学系研究科 小児成育外科)/平将生 講師(大学院医学系研究科心臓血管外科)

大阪大学医学部附属病院では、末期臓器不全の患者さんを対象とした移植医療に積極的に取り組んでいます。セミナーでは、小児移植医療を中心に、当院移植医療部の取り組みや、移植医療の実際を紹介しますので、一緒に「命」について考えましょう。

※6回、すべてのセミナーに応募できます。

※セミナーは、zoomを使って行います。

※当日の様子は、本ウェブサイトなど、読売新聞の媒体で紹介します。参加者は、取材への協力をお願いします。

 

>>参加申し込みフォーム 締め切り:9月4日(日)

 

お問い合わせ

読売新聞教育ネットワーク事務局

03-6739-6985(平日10:00〜17:00)

ednet@yomiuri.com

(2022年8月 3日 16:38)
TOP