【参加教師募集】8/3「AIロボットを使った授業作りを学ぼう」@慶大日吉キャンパス[7/3締切]

AIロボットがディスカッションをサポート(杉並区立浜田山小)

 AIロボットを使うと、こんなオリジナルのオモシロ授業ができます――。

 

 ロボットを実際に動かしながら、パソコンで授業作りを学べる、小学校と中学校の先生のための特別セミナーを開催します。知能ロボットの教育活用を進めている山口高平・慶應義塾大学理工学部教授と研究室が開発したソフトをもとに、マンツーマンで解説・指導。未来社会Society5.0を先取りした教師とロボットの連携授業を体験してください。

 

 読売ワークシート通信に登録、読売新聞教育ネットワークに参加している学校の先生限定、夏休み特別企画です!

 


AIロボットと連携した授業例

AIロボと考えた!私たちの温暖化対策/杉並区立浜田山小(会報49号)

校長先生とロボット助手 理科の実験授業/杉並区立浜田山小(会報38号)

慶應義塾幼稚舎でロボットが理科の授業(会報24号)

ロボットを助手に理科の実験
ロボットと考える温暖化対策

 

<日時>

8月3日(土)13:00~17:00 ※参加無料

 

<会場>

慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1)

来往舎シンポジウムスペース(>>アクセス

 

<定員>

小中学校の教員・18人

 

<内容>

人型ロボットを動かしながら、授業のシナリオ作りを体験します。セミナー講師は、山口教授と森田武史准教授。研究室の学生らがアシスタントにつきます。

 

<お申し込み>

下の「応募する」ボタンから入力フォームへお進みください

7月3日(水)締め切り。応募多数の場合は抽選、参加案内は7月上旬にメールで送信します。

 

<問い合わせ>

読売新聞東京本社教育ネットワーク事務局

電話:03・6739・6985(平日10:00-17:00)

メール:ednet@yomiuri.com

こちら

参加登録ログインが必要です

(2019年5月23日 17:02)
TOP