【9/28締切】大川印刷 SDGsターゲット・ファインダーを10校にプレゼント

この記事は、教育ネットワーク参加団体「(株)大川印刷」からのお知らせです

 

 大川印刷(本社・横浜市、大川哲郎社長)は、「SDGs ターゲット・ファインダー」(FSC森林認証紙を使用)の日本語版の取り扱いを始めました。これを機に、授業で活用してもらうために小中高校10校(各校1部)に、この製品をプレゼントします。180㎜、幅45㎜、厚さ40㎜のカードフォルダーの形状で、扇子のように広げれば169あるSDGsターゲットの内容を閲覧することができます。オリジナル版は英語で、国連のショップやオンラインで販売されています。

 

 1881年創業の大川印刷は、社会課題を解決する「ソーシャル・プリンティング・カンパニー®」としてSDGs(持続可能な開発目標)達成へ積極的に取り組んでいます。昨年は、本社工場の使用電力を100%再生エネ由来の「CO₂ゼロ印刷」を実現しています。2021年には、印刷で使用する植物油インキのすべてを、石油系溶剤を含まないノンVOCインキへ切り替えることにしています。

 

<締め切り>

9月28日(月)

 

<対象>

小・中・高校(各校1部)

 

<申し込み方法>

メールあるいはファックス

■メール

magokoro@ohkawa-inc.co.jp

件名は「SDGsターゲット・ファインダー希望」、本文に学校名、担当者氏名、住所、連絡先を明記し、大川印刷の代表メールに送信。

■ファックス

045-441-2014

上記と同様の内容を記入し送信。

 

※応募多数の場合は抽選。結果は10月上旬にメールでお知らせ。

※送料は大川印刷が負担します。

 

(2020年9月17日 15:00)
TOP