2030 SDGsチャレンジ

くらしにSDGs

国消国産アクション!募集【毎日の食べ物を日本で作り続けるには】

 

「くらしにSDGs」プロジェクトでは、みなさんが取り組んだSDGsのアクション(活動)を募集しています。毎日の食べ物を自分の国で作る「国消国産」を進めれば、外国から運ぶ船や飛行機が出す二酸化炭素(CO)を減らすことにもつながります。プロジェクトパートナー・JAグループでは、皆さんのアイデアを募集する「国消国産アクション!」を実施します。すてきなプレゼントもありますので、夏休みの自由研究にぴったりです。皆さんのアイデアを教えてくださいね。

 

募集中! 毎日の食べ物を日本で作り続けるには

「くらしにSDGs アクション募集」のページで紹介している、SDGsアクションの課題①「毎日の食べ物を日本で作り続けるには」について、この夏、皆さんが考えたこと、取り組んだことを募集します。「SDGs@スクール チャレンジ校」にお届けしている「SDGs探求ブック あしたの『食』どうする?」や、「読売SDGs新聞 7月号」を参考に、本や新聞、インターネットなどで調べたこと、おうちの人と話し合ったことなどを自由に書きましょう。

✍アクションシートのダウンロートはこちら(A4サイズ/PDF) 

【要項】

 上記のアクションシートに記入の上、郵便かメールでお送りください。国消国産アクション!大賞1名、準大賞に選ばれた2名に国産米と国産牛のセットをお贈りします。(商品の発送をもって当選発表とさせていただきます。作品は読売新聞社やJAグループのホームページ等でもご紹介します。)

【期間】

 2022年7月11日(月)~2022年9月30日(金)(当日消印有効)

※上記期間を過ぎても2023年2月28日(火)までは「アクションシート」の応募はいただけますが「国消国産アクション!」の対象期間は9月30日(金)までとなります。ご注意ください

【送り先】

 ☞郵便  〒101-0054

      東京都千代田区神田錦町1-8-11錦町ビルディング7階くらしにSDGs事務局

 ☞メール jimukyoku@cpfine.com


【問い合わせ】

 電話03-5283-5544(平日10時~18時)

 

【先生や保護者の方へ】

 1人で複数点の応募ができますが、1シート1人でお願いします。応募作品は返却しません。著作権は読売新聞社に帰属します。個人情報は本企画の選考・連絡・発表以外には利用しません。作品は、読売新聞各媒体での掲載、読売新聞社やJAグループのホームページ等で発表することがあります。学校やクラス単位での応募の場合は、学校名・学校住所・電話番号・担当教諭名・担当学年またはクラスを記入の上お送りいただき、「国消国産アクション!」に応募する場合の応募者は明確に記入してください。

 応募に役立つ冊子 SDGs探究ブック「あしたのどうする?」も先着でプレゼント中!詳しくは>>こちら

国消国産
 食料の約6割を輸入に頼っている中で、国民が必要として消費する食料は、できるだけその国で生産するという考え方です。JAグループがかかげています。詳しくはこちら

 

プロジェクトパートナー・JAグループ>>

(2022年6月 5日 14:10)
TOP