2030 SDGsチャレンジ

くらしにSDGs

SDGs探究ブック「あしたの『食』どうする?」プレゼント

 環境にやさしい持続可能な農業を日本で進めれば、豊かな自然を守ることにもつながります。読売新聞社は、毎日の食べ物を自分の国でつくる「国消国産」を進めるJAグループと協力して、そんな身近な食や農業について学びを深められる冊子「SDGs探究ブック あしたの『食』どうする?」をつくりました。SDGsの視点から考えた農業などについてわかりやすく説明しています。学校で勉強するだけでなく、児童・生徒の皆さんがおうちや普段の暮らしのなかでSDGs活動を進めていくためのヒントが満載です。ぜひ、夏休みの自由研究などにも活用してください。

 

↓クリックで冊子の中身が見られます!

サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4 

 

 冊子は、全国の「SDGsチャレンジ校」に配布しています。「自分たちの学校がチャレンジ校に入っているかどうかわからない」「おうちの人と一緒に考えたいから、もう一冊欲しい」という皆さんにもプレゼントします。先着5000冊ですので、お早目に申し込んで下さいね。

 

※学校や団体からの応募も受け付けています。団体応募の場合は、事務局よりご連絡の上、「SDGs@スクール チャレンジ校」として登録させていただきます。

※SDGsチャレンジ校については >>こちら をご覧ください。

 

【応募方法】

下記を記入の上、メールでお申し込み下さい。メール件名は「探究ブック希望」としてください。

 (1)氏名(フリガナ)

 (2)郵便番号・住所

 (3)電話番号

 (4)メールアドレス

 (5)学校名・学年

 (6)(団体応募の場合)担当教諭名または担当者名

 (7)(団体応募の場合)希望部数

メール宛先:jimukyoku@cpfine.com

 

【期間】

 7月18日(月)~9月30日(金)

 ※5000人限定となります ※8月以降順次発送します。

 

【問い合わせ】

 電話:03-5283-5544(平日10:00~18:00)

 

 

「国消国産!アクション」募集します

 「SDGs探究ブック」では、児童・生徒の皆さんの「国消国産アクション!」のアイデアを募集しています。素敵なプレゼントが当たるチャンスがありますので、ぜひご応募ください。

 詳しくは>>こちらから

 

国消国産

 食料の約6割を輸入に頼っている中で、国民が必要として消費する食料は、できるだけその国で生産するという考え方です。JAグループがかかげています。詳しくはこちら。

 

プロジェクトパートナー・JAグループ

(2022年7月20日 09:55)
TOP