よみうり入試必勝講座 with 代々木ゼミナール

「よみうり入試必勝講座with代々木ゼミナール」は、「よみトク小論文講座」と「よみトク英語講座」の2種類あります。小論文講座は毎月1日、英語講座は毎月15日に、それぞれ更新します。大学入試を控えた受験生のみなさん、ぜひご活用ください。

よみトク小論文講座(毎月1日更新)

※更新日が土曜日曜祝日にあたる場合は、翌日以降更新します。

よみトク小論文講座第7回「ネットを使った面接]

(2019年10月 1日)

よみトク小論文講座第6回「『助けます』 マークで意思示す」

(2019年9月 2日)

よみトク小論文講座第5回「さい銭のキャッシュレス化」

(2019年8月 1日)

よみトク小論文講座第4回「部活にeスポーツ」

(2019年7月 1日)

よみトク小論文講座第3回「外国人との共生」

(2019年6月 3日)

よみトク小論文講座第2回「伝統の保存と外部の力」

(2019年5月 7日)

よみトク小論文講座第1回「生徒がつくった校則」

(2019年4月 1日)

【2018年度】よみトク小論文講座第12回「外国人の児童生徒への日本語教育」

(2019年3月 1日)

【2018年度】よみトク小論文講座第11回「学校へのスマートフォン持ち込み」

(2019年2月 1日)

【2018年度】よみトク小論文講座第10回「犯罪『いつ・どこで』予測 ビッグデータ分析・AIも活用」

(2019年1月 7日)

【2018年度】よみトク小論文講座第9回「美術館とスマホ」

(2018年12月 3日)

【2018年度】よみトク小論文講座第8回「現代世界と難民問題」

(2018年11月 1日)

よみトク英語講座(毎月15日更新)

※更新日が土曜日曜祝日にあたる場合は、翌日以降更新します。

よみトク英語講座 第7回「Use flexible means to accommodate children on nursery waiting lists(待機児童 柔軟な発想でニーズに対応を)」

(2019年10月15日)

よみトク英語講座 第6回「KyoAni's reputation built on peerless artists(京アニ 無二の職人集団)」

(2019年9月17日)

よみトク英語講座 第5回「Handing down the history of Japan's sanatoriums for Hansen's disease(長島愛生園 世界に伝承)」

(2019年8月15日)

よみトク英語講座 第4回「Do not stop making efforts to turn Japan into tourism powerhouse(訪日客の誘致)」

(2019年7月15日)

よみトク英語講座 第3回「I am a cat, and lord of the local castle(猫城主 吾輩は救い主)」

(2019年6月17日)

よみトク英語講座 第2回「Work style reform must bring end to practice of long hours on the job(働き方改革 長時間残業の慣行を断ちたい)」

(2019年5月15日)

よみトク英語講座 第1回「Japanese language education vital for foreign residents to adjust to society(日本語教育 外国人の社会適応に不可欠だ)」

(2019年4月15日)

【2018年度】よみトク英語講座 第12回「Retailers embark on sales drive marking end of Heisei(「平成最後」商戦 熱く)」

(2019年3月15日)

【2018年度】よみトク英語講座 第11回「Utilize local resources better to attract more foreign visitors(目指せ 草の根観光立国)」)

(2019年2月15日)

【2018年度】よみトク英語講座 第10回「Chiba steps up hospitality for Muslims(ムスリムおもてなしに力)」

(2019年1月15日)

【2018年度】よみトク英語講座 第9回「Young offenders study for return to society(学び支援 変わる少年院)」

(2018年12月17日)

【2018年度】よみトク英語講座 第8回「AI system helps lawyers check legal documents, sometimes in seconds(AIで契約書精査1秒)

(2018年11月15日)

もっと英語の記事が読みたい人はThe Japan Newsへ。

TOP