「人種差別 超えたスクラム」など ...トレーニングシート(2020年1月号)

月に2題、解答例付き(全5枚)

「トレーニングシート」は読売新聞などのニュースや解説記事を読み、手書きで解答することで読解力や書く力を養う教材です。

 

トレーニングシート1月号

■人種差別 超えたスクラム

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、南アフリカが3度目の優勝を果たしました。かつて人種差別制度(アパルトヘイト)がしかれていたこの国の人々が、初めて黒人選手がキャプテンを務めた代表チームの活躍にどのような思いを抱いたかを読み解きます。

 (2019年11月3日 読売新聞朝刊、11月7日 読売KODOMO新聞より)

 

■「言わずもがな」の危機

 「御の字」「砂をかむよう」の慣用表現について、本来の意味を理解している人は3割台にとどまることが、文化庁が発表した「国語に関する世論調査」でわかりました。「言わずもがな」などの文語的な慣用句を聞いたことがない人も増えており、その是非を考えます。

 (2019年10日30日 読売新聞朝刊より)

家庭でできる時事・記述対策...新聞でチャレンジ!
 読売新聞では、新聞記事を活用して読解力や記述力を高める通信添削教材「新聞でチャレンジ! 作文添削教室」を、1か月1,760円(税込み)で提供しています。ぜひご活用ください。

>>詳しくはこちら

ダウンロードする

↓ ↓ ↓

こちら

参加登録ログインが必要です

(2020年1月 8日 14:05)
TOP