【参加者募集】2/26「読解力向上フォーラム」(東京・大手町/オンライン可)

 子どもたちの読解力を伸ばすため、新聞を基に作成した教材「よむYOMUワークシート」。2020年度の実証実験開始からこれまでにシートを利用した先生・教育委員会のみなさま、また、新たにシートの利用を考えているみなさまの交流、意見交換の場を設けます。よりよく生きるために必要な「読解力」をどう培っていくか。ともに考えていくために、どうぞご参加ください。

 

お申し込みは>>こちらから(応募フォーム)

 

日時

2022年2月26日(土) 14:00~16:00

 

会場

東京会場:読売新聞東京本社3階新聞教室(東京都千代田区大手町1-7-1)

オンライン:マイクロソフト「Teams」による開催

 

内容

■報告

 「読解力向上プロジェクトの現状、次年度の方針」

 読売新聞東京本社・教育ネットワーク事務局

冨山哲也教授

■講演

 「今、注目されている『読解力』とよむYOMUワークシート」

 冨山哲也

とみやま・てつや

十文字学園女子大学教育人文学部児童教育学科・教授

よむYOMUワークシート監修者。2004年から15年まで、国立教育政策研究所教育課程研究センター教育課程調査官、文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官(国語)として、学習指導要領の改訂や全国学力・学習状況調査などに関わる。平成20年中学校学習指導要領国語科、平成29年中学校学習指導要領解説国語編を担当

■指導事例発表

 ・2020年度、2021年度参加校より(小中各1~2校)

 ・タブレット端末を使った指導など

 ・教育委員会としての採用事例

森山卓郎教授

■指導アドバイス

 ・森山卓郎

もりやま・たくろう

早稲田大学文学学術院・教授

よむYOMUワークシート監修者。日本語学の観点から国語教育を研究。国語科教科書の編集や全国学力学習状況調査、文化審議会国語分科会に関わる。京都教育大学名誉教授。著書に、『「言葉」から考える読解力』明治図書出版など。

田中孝弘

 

 ・田中孝弘(読売新聞教育ネットワーク・アドバイザー)

 

 そのほか、教材用の記事の選び方・作題の狙い、ICT対応などについて質問にお答えいたします。

 

募集人数

150人(定員を超えた場合は抽選。東京会場来場者、オンライン参加者を合わせて)

 

参加費

無料

 

申し込み

お申し込みは>>こちらから(応募フォーム)

 

問い合わせ

読売新聞東京本社教育ネットワーク事務局

〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1

電話:03-3217-1967

ednet@yomiuri.com

(2022年1月 7日 12:29)
TOP