日本生命「わたしのライフデザインと支え合うみらい」

講義の様子

<対象>

中学生、高校生

 

<主な教科、領域>

・総合的な学習の時間(キャリア教育)・道徳・社会

・特別学級、ホームルーム(高等学校の場合は家庭基礎・家庭総合)

・生活設計、家計管理(高等学校家庭基礎・家庭総合の場合)

 

<プログラムのねらい>

 日本生命保険相互会社では、子どもたちに自分自身の将来について考え、きり拓いていく力を養ってほしいとの思いから、社会貢献活動の一環として、中・高生向け出前授業に取り組んでいます。当社の従業員が講師となり、自分らしく生きるためのライフデザインや家計管理、支え合いの大切さを学ぶプログラムを提供します。

 

<プログラムの内容>

基本プログラム=教員による事前授業(50分)+当社職員による出前授業(50分)

 

■教員による事前授業(50分)グループワーク

※事前授業用ワークシートを宿題にして事前授業に代替させることも可能です。

○自分らしく生きるためのライフデザインと家計管理

・ライフデザインを考える

・一人暮らしの場合の家計管理を考える  

■当社職員による出前授業(50分)グループワーク、映像視聴

○家族を持つ場合のライフデザインと家計管理、支え合い

・家族をもつ場合のライフデザインと家計管理を考える

・「まさか!」のときのための支え合いを考える

・いろいろな「支える」を見る~日本生命の「支える」~

○自分らしく生きる未来をつくるワーク

 限られた収入で自分の送りたい生活をイメージして、支出項目や支出額を考える家計管理のワークや、大切にしたいことを実現させる方法を話し合って決めるケーススタディで、自分が何を大切にしたいかを意識して考え、意思決定するプロセスを体験。ワークを通じて、自分らしく生きるための視点や考え方に気づかせます。

 

<対応可能な時期、回数>

5月下旬~2月上旬

 

<対応可能な地域>

応相談

※パソコン、プロジェクター、スクリーン(必要に応じてマイク)の準備をお願いします。また、交通費含め、費用は全て無料となります。

 


これまでの授業 (2018年度までのプログラム名「将来について考えよう」)

■2018年1月30日/江戸川区立清新第一中(東京)2年生約180人

 >>日本生命保険「お金と仕事について考える」(会報38号)

■2015年5月8日/山口中央高(山口)2年生198人

 >>「将来の生活設計学ぶ」(会報5号)

■2015年3月10日/三鷹市立第4中(東京)3年生約120人

 >>「わたしの未来設計図」(会報3号)

応募する

※応募するには参加登録・ログインが必要です

(2019年2月18日 17:40)
TOP