キャンパス・スコープ

 読売新聞社は大学生と共同で、タブロイド判の学生新聞「キャンパス・スコープ」を発行し、全国の大学や高校に配布しています。このサイトでは、タブロイド判とは別に、学生メンバーが取材した記事やコラム、活動状況などを紹介します。

 配布の問い合わせなどは、キャンパス・スコープ事務局までお願いします。

 

MyScope 1.「平服」がもたらしたもの(2019年12月10日)

 学生新聞「キャンパス・スコープ」のメンバーが自身の日常や思いをつづります。


1.「平服」がもたらしたもの


横浜国立大学1年 加藤綾音

 

 11月9日、私は天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」の祝賀式典に参加した。

 天皇、皇后両陛下を一目みたかったのはもちろんだが、人気アイドルグループ「嵐」が舞台に立つことも大きな理由だった。

 式典の参加は抽選で、送られてきた招待メールに歓喜した。一方で、服装の注意点として書かれた「平服」の一語に身を固くした。

 

 当日、私は大学の入学式で着たスーツに身を包んで会場の皇居前広場に向かった。案内されたのは、ステージがモニターでしか見えない場所。拍子抜けしたが、この気持ちはあとで覆ることになる。

 開会のファンファーレに場内は静まり返った。日本の伝統芸能に合わせ、子どもやお年寄りが笑顔で踊るパフォーマンスでは、国民の陛下を慕う気持ちが伝わってきた。

 そして両陛下がお出ましになると、モニター越しとはいえ、鳥肌が立ち、言い表しがたい感情がわいた。嵐が歌った奉祝曲は、作曲者の菅野よう子さんが指揮するオーケストラや、全盲のピアニスト辻井伸行さんの演奏が合わさり、そのおごそかさに圧倒された。

 同じ曲を両陛下もお聞きになっている事実が感動を増幅させ、今まで味わったことのない感覚で陛下のお言葉を拝聴した。

 

 最初はコンサートに行くような気分だった自分が少し後ろめたかったが、新時代の到来を心から祝えたと思う。帰宅後、クローゼットにかけたスーツも、「行って良かったよ」と声をかけてくれた気がした。



 

TOP