企業・大学による教育プログラム

ネットワークに参加している大学や企業から寄せられた情報を編集し、さまざまな教育貢献の取り組みやイベント報告などを掲載します。

 

大学・企業による学校向け授業の詳しいメニューは>>こちらのページから

 

千葉・市原でも「プラネタリウム環境教育」...三浦工業×読売新聞(2019年10月18日)

 ボイラーの製造販売を手がける三浦工業(本社・愛媛県松山市)と、読売新聞社の共同プログラム「プラネタリウム環境教育」の出前授業が10月2日、千葉県の市原市立有秋(ゆうしゅう)東小学校で行われた。

 

 体育館で行われた出前授業の前半には、4年生42人が参加。気象予報士の縣(あがた)梨花さんが「空を見るとわかること」をテーマに、雲と天気、地球温暖化などを解説した。「地球温暖化の原因である二酸化炭素を出さないために、省エネを心がけ、エネルギーの無駄遣いをやめよう」と呼びかけた。

 

また後半では、体育館に設置された移動式ドーム型テントで、プラネタリウムを鑑賞。生徒たちは星座や銀河系のきれいな映像に見入っていた。前半の授業を受けられなかった5・6年生や、特別支援学級の生徒79人に対しても、プラネタリウムの追加上映を行った。

 

 授業後のアンケートでは、「星空を見て心がおどり出すくらい感動しました」(4年)、「今までも星が好きでしたが、もっと好きになりました。来年の調べ学習は、星に関することにします」(5年)、「今の行動で、未来をより良くすることも悪くすることもできると知った。これからは自分の行動に責任を持ちたいと思います」(6年)などの感想が寄せられた。

ドーム型テントには、星座などのプラネタリウム映像が次々に映し出された

 プロジェクトは、環境負荷低減に配慮した製品の開発に取り組んでいる三浦工業が、今年5月に設立60周年を迎えたのを記念する社会貢献事業の一つ。「そのひらめきに、愛はあるか」を合言葉に、環境問題を考えるきっかけを提供している。


三浦工業の教育プログラム

>>プラネタリウム環境教育プロジェクト

教職員向け情報サイト「フォレスタネット」に読売新聞コンテンツが登場

(2019年10月 2日)

三浦工業×読売新聞「プラネタリウム環境教育」愛知県で実施

(2019年9月26日)

第4回「こども参観日」に新聞講座 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

(2019年8月23日)

若者よ、世界に飛び出せ!グローバル・フォーラム2019に450人

(2019年8月 6日)

次世代につなぐ 横浜「うみ博」2019

(2019年8月 2日)

リンダ・ヒル博士インタビュー GCI「グローバル・フォーラム2019」に向けて

(2019年7月29日)

早大×読売プロジェクトスタート 日本の貧困テーマに

(2019年7月18日)

三浦工業×読売新聞「プラネタリウム環境教育」スタート!

(2019年7月 8日)

【報告】アマモよ根付け!江の島で植え付けに再トライ(NPO法人海さくら)

(2019年2月 6日)

金融経済教育プログラム「株の力」優秀作品発表(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)

(2019年1月 9日)

【報告】プロスポーツ選手とファンらが江の島でゴミ拾い(NPO法人海さくら)

(2018年12月27日)

横浜港「うみ博」に約2万3千人

(2018年7月26日)

第14回 海外プロジェクト探検隊

(2017年11月 7日)

「こども参観日」に新聞講座 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

(2017年8月10日)

上智大で「就活セミナー」 リクルートキャリアと読売新聞

(2017年8月 7日)

【動画】「釘のない海の家」オープン

(2017年7月 4日)

「働く」をテーマに講演 女子聖学院中×セブン-イレブン・ジャパン

(2016年11月25日)

第13回 海外プロジェクト探検隊

(2016年11月22日)

田園調布学園×逗子開成高校が新たなビジネスモデルを探りコンテスト

(2016年10月 5日)

日本生命「ニッセイ夏休みフェス」

(2016年8月 3日)

「酒活(シュカツ)の準備はしっかりと」  サッポロビール×帝京平成大学

(2016年6月16日)

「自ら考えてものを創りだすチカラ=日本の未来を創りだすチカラ」

(2016年5月19日)

すかいらーく 読売新聞を使って新入社員研修

(2016年4月25日)

高校生の科学研究発表会 専門家が指導

(2016年3月30日)

震災被災者を応援 インドネシア劇団が合唱動画送る

(2016年3月11日)

高校生が見た被災地のいま(10)探検隊メンバーの被災体験2

(2016年2月 3日)

高校生が見た被災地のいま(9)探検隊メンバーの被災体験1

(2016年2月 3日)

高校生が見た被災地のいま(8)復興への心意気に触れ 岩手県陸前高田市

(2016年2月 3日)

高校生が見た被災地のいま(7)インドネシア・パレードに参加 宮城県気仙沼市

(2016年2月 3日)

TOP