連載/コラム

教育関連の連載やインタビューなどのページです。有識者からの提言や読売新聞記者のコラムも掲載します。

 

タナカ校長の徒然日誌 >>タイトル一覧

 筆者は小学校長の田中孝宏さん。子どもたちや保護者、住民などとのふれあいについての独自の視点が光るエッセーです。

 

進路室は海 >>タイトル一覧

 筆者は歌人で高校教諭の千葉聡さん。進路指導担当としての生徒や先生たちとの日々をつづってもらいます。自作を含めた短歌が文章に彩りを添えます。大海原のような進路指導室でのちばさとの泳ぎぶりをご覧ください。

 

海外で学ぶ・リレーエッセー >>タイトル一覧

 海外留学を目指す高校生に進学支援を行っているNPO法人「留学フェローシップ」のメンバーが、海外のキャンパス・ライフを紹介しています。

 

【連載アーカイブ】


■異見交論

 >>タイトル一覧

 大学のいまを語り、未来を考えます(2015.1~2019.2)

■安西祐一郎の「2045年の学力」

 >>タイトル一覧

 安西氏が「高大接続」改革に込めた思いを語ります(2016.10~2017.12)

■「非正規教員」を考える

 >>タイトル一覧

 読売新聞紙上で取り上げてきた記事をまとめました(2017.6~2017.11)

■ぬまっちの 世界一のクラスですから!!

 >>タイトル一覧

 「ぬまっち」こと沼田晶弘先生のユニークな実践の数々(2017.6~2017.11)


 

タナカ校長の徒然日誌[12]機械と人間、主体は......(2019年9月30日)

[12]機械と人間、主体は......

 

 目的の停車場に着いて、バスを降りようと降車ドア前に向かった時のことだ。突然、運転手の厳しい口調がマイクに流れた。「ドアから離れてください。」

 都バスは、安全のために降車時センサーに触れる位置に立つとドアが開かない。どうやら、そのことに気づかずに立っている乗客に対して注意を促してるようだ。それに対して、何を言ってるのか分からず開かないドアに乗客は、イラついている。

 機械化されていく世の中で、うまくその波にのり機械と仲良く暮らせる派と、人間を主として生きているんだという人間派の戦いを見ている気がした。

 様々な事がインターネットとつながり変わると言われている現代。ますますわたしたちの生活は、急激な変化の中に置かれるのだろう。

 社会の変化によって人の暮らしが変わる。しかし、そのスピードに人間はついていけるのだろうか。

 これからいろいろな所で、機械と仲良し派と人間主体派のいざこざが見られるかもしれない。

 それにしても、センサーを知らない子供たちが、自然にセンサーを避けているのは凄いことだ。

 

[11]<< 一覧

 

田中孝宏 小学校長

1960年千葉県船橋市生まれ。83年4月、小学校教諭に。2011年から現職。「ブラタモリ」にならって「ぶらタナカ」を続けている。職場の仲間や友人を誘って東京近郊の歴史ある地域を歩く。「人々はなぜ、この場所に住むようになったのだろう」と考えると、興味は尽きない。

 

進路室は海[16]少し大きなうちわを持って

(2019年9月25日)

海外で学ぶ・リレーエッセー[56]オランダ・デルフト工科大学 未知の世界に立ち向かって

(2019年9月24日)

海外で学ぶ・リレーエッセー[55]米ウースター大学 手厚いサポートと支援のあるホーム

(2019年8月28日)

進路室は海[15]人間関係ファンタジスタ

(2019年8月27日)

タナカ校長の徒然日誌[11]本当に応援したいなら......

(2019年8月23日)

海外で学ぶ・リレーエッセー[54]米ウェズリアン大学 化学から歴史へ:どうして『こんなこと』になったのか

(2019年8月 5日)

タナカ校長の徒然日誌[10]目的、見失っていませんか?

(2019年7月29日)

進路室は海[14]梅雨の味のジェラート

(2019年7月17日)

進路室は海[13]毎晩、母に読み聞かせを

(2019年7月 5日)

タナカ校長の徒然日誌[9]なぜ一声かけないの?

(2019年7月 4日)

タナカ校長の徒然日誌[8]「こくひん」が来た日

(2019年6月13日)

進路室は海[12]アコーディオンをかかえて歌おう

(2019年5月31日)

海外で学ぶ・リレーエッセー[53]米ボストンカレッジ 人のために

(2019年5月27日)

タナカ校長の徒然日誌[7]スマホを捨てよ...

(2019年5月17日)

進路室は海[11]三ツ沢グラウンドにて

(2019年5月 8日)

進路室は海[10]お守りのペン

(2019年4月26日)

海外で学ぶ・リレーエッセー[52]米グリネル・カレッジ 多様性と社会正義と共に生活して

(2019年4月26日)

海外で学ぶ・リレーエッセー タイトル一覧

(2019年4月25日)

タナカ校長の徒然日誌[6]真面目にカリマジ

(2019年4月15日)

進路室は海[9]卒業ライブ

(2019年3月28日)

タナカ校長の徒然日誌[5]何のためのマスク?

(2019年3月14日)

進路室は海[8]その後の日々に

(2019年3月12日)

進路室は海[7]世界一の担任

(2019年3月 2日)

異見交論 タイトル一覧

(2019年2月20日)

タナカ校長の徒然日誌[4]どこまで増える ○○教育

(2019年2月19日)

異見交論64【最終回】 「思考停止の改革」から脱却せよ 浜口道成氏(科学技術振興機構理事長)

(2019年2月19日)

進路室は海[6]「学校に来てはいけない」ウィーク

(2019年2月 8日)

進路室は海[5]テストの前で小さくならない!

(2019年2月 1日)

異見交論63 国は、国立大学に矛盾を押し付けるな 島田真路氏(山梨大学長)

(2019年1月31日)

TOP