東京証券取引所(日本取引所グループ)「シェア先生の経済教室」

<対象>

小学5・6年生、中・高校生

 

<主な教科、領域>

社会科、家庭科、キャリア教育

 

<授業のねらい>

私たちのくらしに密接に関わる経済や金融のしくみを理解し、自ら選択する力を養い、「生きる力」を身に着けてもらうことが大切になっています。

ロールプレイやボードゲームをしながら、経済や世の中のしくみに関心を持ってもらうことを目的としています。

 

<主な内容>

■小学生対象

 A)ロールプレイ授業「私たちの暮らしと株式会社」(1時限)

「感謝・興味・協力」をキーワードに、私たちの暮らしと経済とのかかわり、株式会社のしくみと役割について学びます。

 

 B)ボードゲーム授業「ブルサ(Junior版)」(2時限~)

・上記A「私たちの暮らしと株式会社」授業に加え、様々な経済ニュースによって株価がどのように動くかを考え、株式を売買するゲーム(ブルサ)を体験します。

・社会や経済の動きが株価とどのように結びついているかをボードゲーム形式で楽しく学びます。

 

■中高校生対象

 A)ロールプレイ授業「株式会社のしくみと証券市場」(1時限)

経済の三主体(政府・企業・家計)や株式会社のしくみとその機能について学びます。

 

 B)「社会や経済の動きと株価」(1時限)

新聞・ニュースを題材に株価の変動を通じて、社会や経済の動きを学びます。

 

 C.ボードゲーム授業「ブルサ」(2時限~)

・3社の模擬株式を売買するゲーム(ブルサ)を体験します。

・経済事象に関するニュースを聞き、業種の異なる3社の株式を売買することで、様々な要因が株価に影響を与えることを学びます。


※その他キャリア教育(1時限~)なども行っています。

※費用:無料

※講師:東京証券取引所(日本取引所グループ)CSR推進室社員(シェア先生)

※実施にあたっては、パソコン、プロジェクタ、スクリーンをご用意ください

※東京証券取引所では、東証アローズ見学付受入授業も行っています。(90分、1回あたり50名程度まで)

 

<対応可能な時期>

日程が合えば随時可能

 

<対応可能な地域>

応相談

 


これまでの授業

■2015年4月20日/東大阪市立柏田中(大阪)2年生78人

 >>「株式会社のしくみと証券市場」(会報5号)

(2017年6月 6日 10:30)

応募する

※応募するには参加登録・ログインが必要です

TOP